<MTWB2005>スキマスイッチ、シングル曲で自信に満ちたステージ展開

ツイート
17時を過ぎたというのに、まだまだ暑いイベント<MEET THE WORLD BEAT>の万国博記念公園の会場。そんななか現われたのがスキマスイッチだ。

1曲目に「view」を披露。意外にも2年前のデビュー曲であるこの曲で幕を開けた。ファンにはご存知でも、一般的にはあまり知られていないこの曲を1曲目にもってきたのは、この曲に対する自信からなのだろうか。ミディアム・ナンバーであるこの曲を堂々と歌い、披露。2ndアルバム『空創クリップ』もチャート1位を獲得したという自信も後押ししているのだろうか。そして「ようこそ、MEET THE WORLD BEATへ!」(大橋卓弥/Vo&G)と叫ぶと、次は大ヒット・バラードであり、彼らがブレイクした曲「奏(かなで)」を披露。イントロが鳴ると会場からは「キャー!」という歓声があがるほど。

この2曲でじっくり聴かせた後、「みんなで歌おうか! 歌詞なんてどうでもいいんです。とりあえず声出そう!」(大橋)と言うと、超ポップナンバー「ふれて未来を」へ。合唱が起こると「祭りだね!」(常田真太郎/Keyほか)と嬉しそうな様子。そして再びスローナンバー「雨待ち風」、続いてまたもや激ポップな「全力少年」で締めた。

最後まで聴いてみれば、披露した5曲すべてがシングル曲(季節からハズれているせいかシングル曲でも「冬の口笛」だけがハズされた)。短い時間ではあったけれど、すべてを見せます、楽しませます、といった内容でぐいぐい攻めたライヴだった。

写真●田浦 薫


セットリスト@<MEET THE WORLD BEAT>2005.7.24
1:view
2:奏(かなで)
3:ふれて未来を
4:雨待ち風
5:全力少年


BARKS夏フェス特集2005
https://www.barks.jp/feature/?id=1000010016

MEET THE WORLD BEAT 2005 特集
https://www.barks.jp/feature/?id=1000010279
この記事をツイート

この記事の関連情報