ブラー、コクソン抜きでニュー・アルバム制作を

ツイート
'02年にバンドを脱退したギタリスト、グレアム・コクソンが戻るまでニュー・アルバムは作りたくないと話していたデーモン・アルバーンだが、すぐにはコクソンの復帰が望めないため、残りのメンバー3人でブラーの新作を制作することにしたようだ。

バンドは新しいギタリストを加える予定はなく、アルバーンがギターを弾くことになるという。NME.COMによると、アルバーンは新作は「ベーシック」なものになるだろうと話している。「なんでベーシックになるかっていうと、俺たち、新しいアルバムを作るなら3人でやろうって決めてたからだ。ということは俺がギターを弾くってわけだ。俺はギターの初心者だからな、すっげえ簡単なやつか単純なパンク・ロックにならざるを得ない」

アルバーンはブラーのほか、自身のソロ・アルバムも制作中らしい。「去年、ナイジェリアにいたときにスタートしたやつが、半分くらい出来上がってる。それが俺初のソロ・アルバムになるだろうよ。ソロ・アルバムって響きは嫌いなんだけどさ」

アルバーンのサイド・プロジェクト、ゴリラズは、11月初めにマンチェスターで5公演を行なう。チケットは10月3日から発売予定。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報