新たなD-51を見せつつも、しっかりと“らしさ”を凝縮~アルバム『2GETHER』インタヴュー

ツイート
D-51が2枚目のアルバム『2GETHER』を3/8にリリース。
彼らの身近な世界での、飾り気のない歌が詰まったナンバーだが、
彼らの歌声に乗せて表現されると、どれもスケールが大きい愛に溢れてくる。
そんなD-51のYASU(吉田安英)とYU(上里 優)は、
礼儀正しくて、のんびりしてて、話せばお互いにチャチャを入れる、
そして歌が大好きな男子2人だが、
そんな2人にどうしてこんな大きな愛が詰まってるのか不思議なくらい。
新たなD-51を見せつつも、しっかりと“らしさ”を凝縮させたこのアルバムについて訊いた。
NEW ALBUM

『2GETHER』詳細へ

『2GETHER』

初回限定盤(DVD付):
PCCA-02551 \3,150(tax in)
通常盤:PCCA-02651 \2,940(tax in)

2006年3月8日発売

01. SHALL WE ノリノリ?
02. DANCE AROUND
03. ハイビスカス
04. MISSING YOU
05. どんなに
06. オレトモ
07. サヴァイバー -BEAT PATROL MIX-
08. バッカナルTIME
09. あなたへ ~ A SONG FOR YOU
10. HOPEFUL DAYS
11. ALWAYS




VIDEO MESSAGE

D-51コメント映像へ
▲YU、よ、よりすぎてるよ!


MUSIC VIDEO

「ハイビスカス」ビデオへ
▲「ハイビスカス」

「ALWAYS」ビデオへ
▲「ALWAYS」

――映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のヒットもあって主題歌の「ALWAYS」が注目されましたね。そして学園祭やライヴも多くやってきたようですが。

YASU:そうですね、「NO MORE CRY」のイメージが強かったんですけど、「ALWAYS」で老若男女聴いていただいたようで、よかったですね。


YU:ライヴは本当、急に入ってくるものもあったりしたけれど、そういうときでもただ歌うだけじゃなくて、ちゃんと気持ちを持って、高めて歌える体力がつきましたね。

――年末は紅白歌合戦にも出たりして。

YASU:これは本当、お祭り気分っていうよりは行事……もう正座してなきゃいけない!って感じでしたよ~(笑)。すっごい緊張したし。でも楽しかったです。

――そして「ALWAYS」も収録されているアルバム『2GETHER』がリリースとなりましたが、どういうアルバムにしようと思ってましたか?

YASU:アルバム1枚としてのテーマはないですけれど、ライヴで歌える曲をって思いましたね。僕ら、ライヴが本業って思ってて、ライヴをやるために曲を作るって意識が強いんです。だからそこは意識したかなぁ。

――歌詞はおふたりとも書いてますが、より2人の視線や見方の特徴が顕著に出てきたんではないですかね。

YASU:言葉を選ぼうって意識は変わったかなぁ……。ジュースとかの宣伝文句とかも気になるようになりましたしね。あと、9曲目の「あなたへ」はファンや支えてくれるスタッフへの内容を綴った曲で、初めての試みだったんで詞は頑張りましたね。

YU:僕はあいかわらず想像するのは苦手なもので(笑)、今回は身内や仲間のことを書いてみようと。実際あったことをババッと書きましたね。

――曲は以前同様、プロデューサーの生熊朗さんの曲や2人との共作が多いですが、彼とのやりとりにも変化が出てきたのでは?

YASU:僕らが意見を言うことが多くなりましたね。漠然としたこと……「もっと耳に入りやすい音がいい」とか「キャッチーに」とかしか言えないんですけどね(笑)。なんかね、曲の雰囲気はつかめるようになったって思うんです。この曲はこういう感じのほうが伝わりやすいかなって強く感じて。それをより伝えるようになりましたね。

――このアルバムのなかでそれぞれ思い入れのある曲は?

YASU:やっぱり「あなたへ」ですね。曲を元VlidgeのKYUさんに作ってもらったんですが、憧れの人だったんで、うれしかったですね。そこに自分の詞も乗せられたし。去年の夏、イベントでご一緒したんで、直接電話して「2ndアルバムが出るんですけど、曲なんてどうですかね……」なんて言って依頼しました(笑)。

YU:好きなのは「MISSING YOU」ですね。自分自身の声質が今までにない違うもので歌ってるんで。メロディはやっちゃん(YASU)が作ってるんですが、切なくて、自分の思い出も浮かんできて……。ライヴで感動させてやろうと(笑)。「DANCE AROUND」は歌が難しくてずっと練習してましたね。でも大好きですね。

――新たなD-51を見せつつも、しっかりと“らしさ”を凝縮させてますよね。

YASU:俺ら2人がこういうのを歌ったらお客さんは気持ちいいんだろうなってのは感じてきてますね。個人の音楽の趣味としては別にするようになったというか。その線引ですか……。ん~~~~難しいなぁ。トーストにジャムをつけるじゃないですか。その量のほどよさというか……。いや、違うなぁ。ん~。

YU:D-51ってみんな爽やかって思ってるらしいじゃないですか。聴く人たちが求めてるものと、僕らがやりたいものが一致してるわけではないけれど……ん~~。

YASU:あ、分かった! 笑顔にさせる曲! 失恋したときとか、ストレス貯まって苦しいとかって曲じゃなくて、笑顔にさせる曲ですよ。

YU:うん、それだ!



――アルバムタイトルを『2GETHER』にしたのは?

YASU:僕らの歌う歌って、ひとりじゃないってメッセージがどこらしかに入っていて、一緒だよっていうのがピッタリだと思って。それと僕らが歌う曲ってジャンルがバラバラだけど1枚にしてみるとそんなにバラバラじゃない、まとまってるぞっていう意味もあって。あと、2枚目でしょ。1枚目のアルバムが『ONENESS』で、2枚目は『2GETHER』……ってごめんなさい!(笑)

――なるほど(笑)。そしてこのアルバムをもって5月から全国13箇所でツアーですね。

YASU:沖縄はもう海開きして暑いんですよ。このアルバムもそんな夏を先取りしたアルバムになってると思うんで、それを届けられたらいいなって思います!

YU:うん、どれも聴きやすくて、耳に残るメロディの曲ばかりだから、楽しめると思いますね。ライヴはやっぱり大好きだから僕らも楽しみです!


取材・文●星野まり子


LIVE SCHEDULE


D-51 2GETHER TOUR 2006
㈱サマーデリバリー産地直送! 暑いうちにお召しあがり下さい!


5/25(木)新潟 LOTS
5/27(土)群馬 松井田町文化会館
5/28(日)山形 飯豊町町民総合センター「あ~す」
5/29(月)仙台 JUNKBOX
5/31(水)札幌 KRAPS HALL
6/04(日)福岡 DRUM Be-1
6/05(月)広島 クラブクアトロ
6/07(水)大阪 BIG CAT
6/09(金)名古屋 ELL
6/10(土)東京 ZEPP TOKYO
6/17(土)富山 南砺市井波総合文化センター大ホール
6/18(日)滋賀 日野町町民会館「わたむきホール虹」
6/25(日)那覇 NAMURA HALL
 
この記事をツイート

この記事の関連情報