ゴリラズ「もうアルバムは作らない」?

twitterツイート
デーモン・アルバーンが、昨年リリースされた『Demon Days』がゴリラズの最後のアルバムになるかもしれないと話した。ゴリラズは現在NY公演中。来年、UKでまたコンサートを行なうとの噂も流れていた。

アルバーンは、滞在先のNYからBBC 6 Musicにこう話したという。「いまのところ、あれが最後のアルバムになるだろうって感じかな。『Demon Days』以上の作品は作れないって思ってるからね」

しかしながら、まだ決心は固まっていないようだ。「昨日の夜は“これは終わりじゃないな”って思ったよ。止めるって言うべきなのか、わからない。でも、止めたって言ってまた戻ってくるのは、ヒップホップじゃよくあることだろ」

NME.COMによると、水曜日(4月5日)に行なわれたゴリラズの4日目のNY公演には、俳優のデニス・ホッパーがゲスト出演。彼がヴォーカルに参加した「Fire Coming Out Of The Monkey's Head」が初めてライヴ・パフォーマンスされたという。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報