ATTACK at SHIBUYA-AX LIVE REPORT

twitterツイート




3月24日、SHIBUYA-AXのライヴは、ドラマ『ガチバカ』のオープニングテーマとしてもおなじみの「ハレルヤ」からニギヤカにスタートした。日高のラップが始まると、会場から大歓声が起こる。しょっぱなから、男性メンバーのサポートで日高が宙に舞うなど、アクロバティックな大技が飛び出し、一気にワクワク感が高まる。

その後、お芝居が始まり、関西出身の與が“そろそろ春じゃん”とアヤしい標準語で観客を沸せ、伊藤が“だしぃ~”を多様したギャル言葉で笑わせてくれた。そして「地球に抱かれて」、「Friday Party」と元気な曲が続く。末吉がバック転を連続で見せ、リーダー浦田のハイトーンなヴォーカルが炸裂。早くも迫力のパフォーマンスが続々飛び出し、少しの間も目が離せない。

ライヴの中盤では、男女8人編成ならではの強みを感じさせるステージが続く。西島、宇野のデュエット曲「出逢いのチカラ」では、“ふたりでいることの喜び”を語り合うようにしっとりと歌い上げ、歌のうまさを改めて見せつけていた。そして男性メンバーによるダンスコーナーを挟み、「最強Babe」で男子5人が観客をあおる男前なパフォーマンスで楽しませれば、続く「Get or Lose」では黄色、ピンク、白の羽根のストールを首にまいた女子3人が登場。お尻を後ろに突き出すキュートなダンス、後藤の新体操的な動きも飛び出し、男性客のハートをワシ掴みにする。

後半も、格闘技風ポーズからアクロバットまで見どころ満載の「DRAGON FIRE」など、ノリのいい曲がズラリ。AXのステージを最大限に使い、今、できる最高のパフォーマンスを次々と繰り出す。彼らの会場に集まっている人を楽しませたいという気持ちは、この日AXに集まった人たちに絶対伝わったと思う。ちょうど、この日はニューシングル「Shalala キボウの歌」のリリース翌日。宇野が“覚えている人いる?”と観客に訊ねると、自然と“シャラララ~♪”と、みんなが声を合わせて歌い出した。デビューから走り続けている8人が、間違いなく愛されていることを確信させるような一瞬だった。

1st ATTACK at SHIBUYA-AX 2006.03.24
SET LIST
------------------------------------------------------
1.ハレルヤ
2.地球に抱かれて
3.Friday Party
4.きれいな空
5.VIRGIN F
6.出逢いのチカラ
-DANCE CORNER-
7.最強Babe
8.Get or Lose
9.モンキーマジック
10.YA-YA-YA
11.Welcome toThis World
-ミサイルイノベーションコーナー -
12.DRAGON FIRE
13.太陽
14.BLOOD on FIRE
~ENCORE~
1.CRAZY GONNA CRAZY
2.Shalala キボウの歌
3.ボクラノテ
 


日高光啓:
特技はヒューマンビートボックス。ライヴ中はかっこいいラップと芝居中のボケキャラとのギャップが最高!
西島隆弘:
力強くハリのある歌声でポップな曲もバラードも歌いこなす実力派。ライヴの芝居では悩めるニッシーを熱演。
浦田直也:
ダンスでも歌でもメンバーを引っぱるリーダー。ライヴでは会場に響き渡るハイトーンな声を聞かせていた。
宇野実彩子:
ハリウッド映画にも出演が決定! 透明感で伸びのある歌声で、ライヴに集またファンを惹きつけていた。
  
與真司郎:
関西弁が可愛らしい最年少メンバー。軽やかなステップから、アクロバットまでキレのある動きを披露!
後藤友香里:
可愛い声の持ち主で声優にも挑戦中。元新体操の選手らしい柔軟な体で横転、側転とライヴを沸せた。
末吉秀太:
特技は男らしく空手だが素は少々天然キャラ。運動神経抜群のキビキビとした動きでブレイクダンスもこなす。
伊藤千晃:
153cmの小柄な女のコ。それでもライヴではほかのメンバーに負けないパワフルなパフォーマンスを披露。
  

⇒AAA特集 TOP


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報