次なるステージへ・・・新たな世界観を築いた大作『ULTRA BLUE』を語る

ツイート

  

今回、唯一男性ヴォーカリストとコラボした作品『One Night Magic feat. Yamada Masashi』は、彼女にとって楽しい思い出となったようだ。サンバのリズムに乗って二人の声が同調する。その不思議さと満足度を語ってくれている。

「歌入れして実際に声を重ねるまでわかんなかったんだけど。私の声と何か似てる部分があって、不思議に重なって、1個の声みたいになっちゃってるの。それがすごく不思議だった。何か裏にダークなものがあるけど甘い部分が、かみ合ったんだって思って、すごく不思議だった。結局一番言いたかったのは、“あげたい、君の知らないCD一枚”っていうとこと、それの同じ行のセカンドコーラス“人生短い、色とりどりの生物の舞い”っていうのが、雰囲気的に詩的には違うんだけど同じところではまってて、同じことを言ってるんだよねっていうのが、すごい満足だった」

このアルバムの中では異色の存在と言ってもいいだろう、インストルメンタル曲の『Eclipse(Interlude)」は、どういう意図があってのここへの挿入だったのだろうか。

「カオスと秩序っていうのがテーマなんだけど、破裂しそうでもバランス保ってるみたいな、その緊迫感が好きで。『Eclipse』にはすごい怒りとか激しい気持ちとか、たたみかけて勢いつけてゴロゴロゴロゴロ転がってくる感じ」

そして、アルバムは大団円を迎える。聞き覚えのある『Passion』だ。

「最後に理解の喜びみたいな、α波みたいな感覚を自分も味わえたの。私的にはすごく広い心を持って、書いた曲だったから、全部受け入れるという意味で、優しく、悲しく受け入れるっていうとこで、やっぱ最後が『Passion』だなって」

このアルバム全体を眺めて感じることは、どの曲も決して後ろを向いていないということ。自分の中を見つめて、それを表現できるテクニックも経験も重ねて、そしてそれらを“見てほしい”という気持ちと共に提示してくれたヒッキー。当然、聴いている側も、ポジティブな感情になれる。男女、年齢に関係なく、多くの人に何がしかの活力を与えてくれる好アルバムだ。

最後に、7月から始まる全国ツアーに向けての抱負を語ってくれている。それを紹介しておこう。

「今は初めて、ツアーとかを前にして、みんなにホントに見せたいの、見てもらいたいのね。ほんとにすごくやりたいの。何も抵抗心なく、「見てくれ~!」っていうライブにしたいのね。隠さないで。だから、かなり(いままでのライブとは)違うものになると思う。やってみなきゃわかんないけど、いろんなことの融合だな。ホントに楽しみ」

⇒FEATURE TOP


 
 

 
  
この記事をツイート

この記事の関連情報