大槻ケンヂは「今日、筋肉少女帯の再結成を報告します」と声高らかに、筋肉少女帯の復活を発表した。

7月22日恵比寿LIQUIDROOMで大槻ケンヂと橘高文彦のCD発売記念ライヴが行われた。
このCD、マキシシングル「踊る赤ちゃん人間」は、原作コミックスも大ヒットしている話題作のTVアニメ、「N・H・Kにようこそ!」のエンディングテーマ。

ライヴのタイトルも『「踊る赤ちゃん人間」発売記念 ザ・仲直り!~そしてその後の展開は?~・ゲストあり』という何かを予感させるネーミング!。
メンバーはVo:大槻ケンヂ/G:橘高文彦/Pf:三柴理/B:寺沢功一/Dr:宮脇JOE知史
「踊るダメ人間2006」で幕をきったライヴは、筋少のナンバーなども絡めつつ、完成度の高いパフォーマンスと、大槻と橘高の巧妙な掛け合いで熱狂&爆笑の渦に包まれていく。

2度目のアンコール後、ゲストの内田雄一郎(B)、本城聡章(G)が乱入(?)し、大槻、橘高と元筋少メンバー4人が揃ったところで、大槻ケンヂから「今日、筋肉少女帯の再結成を報告します。12月28日の中野サンプラザにて筋肉少女帯、復活します」と声高らかに、筋肉少女帯の復活を発表した。

98年にその活動を凍結した筋肉少女帯が8年の時を経て、7月22日解凍され、動き出すこととになった。

今後の詳しい活動やチケット先行予約の情報など
7月22日の午後10時にオープンしたオフィシャルサイトはこちら
http://eplus.jp/king-show