<FRF'06>ハイブス、完全演奏停止のポーズでキメる

ツイート
常にタイとスーツでキメたロックンロール名人、ハイブスは、この日はスーツとタイ抜きで、黒のシャツと白のサスペンダーで登場。顔にはスカーフまでまかれている。“あれっ?なんか違うぞ”と思いきや、いざ、自慢のギター・リフがかき鳴らされると、そこからは完全にいつものハイブス。切れ味鋭いリフに乗り、フロントマンのペレはステージ狭しと大股開きで跳び回り、得意の煽りで客を魅了する。

“僕たちはハイブスだ。君たちはハイブスが好きか?”。こんなMCは珍しくもないが、しかし、さすがに2曲披露した新曲の後に“どうだ? 気に入ったか? カッコいいだろ?”とまで煽られるとさすがに笑わずにはいられない。そして代表曲「Hate To Say I Told You So」では、もはや彼らの専売特許でもある“完全演奏停止のポーズ”をまるで大道芸人のように披露。とにかく終始退屈させる瞬間がない。彼らは間違いなく、現在世界最高のロック・エンターテインナーだ。

取材・文●沢田太陽
写真●YOSHIKA HORITA

7/29 GREEN STAGE

1. ABRA CADAVER
2. MAIN OFFENDER
3. MISSING LINK
4. A LITTLE MORE FOR LITTLE YOU
5. STATE CONTROL
6. ANTIDOTE
7. WALK IDIOT WALK
8. DIE ALL RIGHT
9. GUERRE NUCLEAIRE
10. HEY LITTLE WORLD(新曲)
11. HATE TO SAY I TOLD YOU SO
12. タイトルなし(新曲)
13. NO PUN INTENDED
14. TWO TIMING TOUCH AND BROKEN BONES


FUJI ROCK FESTIVAL '06特集
https://www.barks.jp/feature/?id=1000025344
この記事をツイート

この記事の関連情報