次なる宇多田か!? 18歳の新人が異例の快挙

ツイート
シングル「Possession/My All For You」で、12月13日にいよいよデビューを飾る18歳のシンガー・ソングライター、JYONGRI(ジョンリ)。

「Possession」(■PV視聴はこちら!)が日本テレビ系『いただきマッスル』『スーパーチャンプル』のエンディングテーマ曲として、また「My All For You」が日本テレビ系『極上の月夜』のエンディング曲としてオンエアされており、すでに各方面から注目を集めている彼女が、デビュー前にも関わらず海外で快挙を成し遂げた。

なんと、UK、ヨーロッパでもっともポピュラーなヒットチャート誌『MUSIC WEEK』の12月16日付けクラブ・チャートに、初登場22位でチャートインしたというのだ! その曲は、まもなく発売されるデビュー・シングルに収録されている「Re-Possessed」。タイトル曲である「Possession」のリミックス・ヴァージョンだ。

まだデビューもしていないアジアの、しかもティーンエイジャーがチャートにランクインするのは、お見事としか言いようがない初めての快挙。

大阪で生まれ育ち、4歳でインターナショナル・スクールに入学。その頃からピアノを習いはじめたJYONGRIが最初に大きな衝撃を受けたのは、映画『天使にラブソングを 2』だったという。この映画を通してゴスペルに出会い、その後本格的に歌のレッスンを開始する。

2004年、“日本だけで習っていたら、世界レベルのことが学べずに終わってしまう”との思いから、アメリカのバークレー音楽学院で開催された5週間のサマー・プログラムに参加。この時、参加者の中にアジア人は彼女1人しかいなかったという。さまざまな音楽や出会いに恵まれた環境でますます刺激を受け、その頃から作詞・作曲に着手した。

現在、早稲田大学に通う彼女は、この夏に18歳になったばかり。宇多田ヒカルやスピッツから、ローリン・ヒル、ルーサー・ヴァンドロス、ジェイミー・カラムまでさまざまな音楽から栄養を吸収し、自分だけのMUSICを生み出し続けているJYONGRI。

そんな彼女の透明感あふれる歌声を、プロモーション・ビデオで楽しんでみてはいかが? BARKSにメッセージ映像も届いているので、こちらも併せてチェックしたい。
この記事をツイート

この記事の関連情報