ピアノで泣いたことがありますか? Nステも追いかけた超天才・辻井伸行デビュー!

ツイート
10歳でプロのオーケストラと初共演、海外の著名ホールでも演奏し、国内外の主要オーケストラとの共演、定期演奏会への出演も重ねるなど、日本では稀な超天才ピアニストとして、高い注目を集めている辻井伸行。彼がついに、今月24日エイベックス・クラシックスよりデビューする。

◆辻井伸行 フォトアルバム

その天才ぶりは、99年から密着取材を続けた『ニュースステーション』などでの放映により大きな話題を呼び、その心にダイレクトに響く演奏は多くの聴衆に深い感動を呼び起こした。

最年少で望んだ2005年の<第15回ショパン国際コンクール>で見事「批評家賞」を受賞。本格的なプロのピアニスト・コンポーザーとしての活動をスタートし、待望のデビューCDの発売が決定した。

デビュー盤「debut」は豪華2枚組! DISC 1は、彼のもっとも得意とする作曲家ラヴェル、ショパン、リストの有名曲が並べられ、美しい響きや超絶テクニックを存分に披露し超天才ぶりを120%楽しめる内容。そしてDISC 2は、多くの方が望んでいた彼のピュアな心に、思わず涙する自作が収録されている。

また、来年1月31日にはクラシック界の殿堂、サントリーホール(東京)をはじめ、全国15箇所(札幌・名古屋・大阪・金沢・福岡ほか)にて、辻井自身初の全国ツアーを行なう。

超天才の超技巧派な名演。クラシックファンはチェックをお忘れなく。クラシックといえば、クラシック界の美女が“競艶”したMOOK『BARKS+plus』もお忘れなく。色っぽいデコルテラインを愛でたい方や、矢野沙織の若さ弾ける太ももを前に、目のやり場に困りたい方は必見だ(まずはフォトアルバムで!)。


■ 辻井伸行のプロフィールやデビューアルバム「debut」の情報はこちらから!
https://www.barks.jp/artist/?id=2000179820

■ 美女の競艶『BARKS+plus』MOOK撮影の様子はこちらから
https://www.barks.jp/news/?id=1000030760
この記事をツイート

この記事の関連情報