秋川雅史、有線チャートを異例の急上昇

twitterツイート
4月2日にリリースされた秋川雅史の2年ぶりのアルバム『千の風になって~一期一会~』に収録されている「旅立ちの日に」が、有線チャートを急上昇している。アルバム収録曲が有線チャートに昇るのは異例のこと。

▼『千の風になって~一期一会~』試聴
https://www.barks.jp/cdreview/?id=2000424238

「旅立ちの日に」は、いま卒業式で最も歌われている合唱曲であることから、今年も数組のアーティストがカヴァーしているが、卒業シーズンだったこともありリクエストが急増したものと思われる。

秋川雅史の「旅立ちの日に」は、4月4日付有線チャート J-POPランキングで21位(キャンシステム調べ)にチャート・インしている。

『千の風になって~一期一会~』は、“テノール歌手秋川雅史が日本の名曲を歌い継ぐ”というコンセプトのもと、約1年の時間をかけ制作された。収録曲は、「旅立ちの日に」のほかに「見上げてごらん夜の星を」「昴」「長崎の鐘」など、新旧幅広い選曲による全13曲。馬場俊英が作詞・作曲した、秋川にとって初となるオリジナル楽曲「鼓動」や、「千の風になって」の2006年紅白歌合戦ヴァージョンも収録されている。

また、本作は高音質CDとして注目を集めている「SHM-CD」を採用。従来のCD素材とは別種の液晶パネル用途のポリカーボネイト樹脂を使用することにより、さらに透明性を向上させた新たな高音質CDとなっている。

アルバム『千の風になって~一期一会~』は、4月1日付オリコン・デイリー・チャートで15位に初登場し、翌2日には11位に、3日付では10位に上昇している。

『千の風になって~一期一会~』
2008年4月2日発売
TECG-30004 \3.000
1.五月のバラ
2. 見上げてごらん夜の星を
3. 地上の星featuring 古澤巌
4. ワインレッドの心
5. 旅立ちの日に
6. ふるさとの山に向ひて
7. 美幌峠
8. 長崎の鐘
9. 川の流れのように
10. イヨマンテの夜
11. 鼓動
12. 昴
13. 千の風になって 2006年 第57回NHK紅白歌合戦バージョン

■オフィシャル・サイト
http://www.teichiku.co.jp/ad/article.php?id=ZtFaw
http://www.kdashstage.jp/akikawa/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon