Base Ball Bear、初ホール・ワンマン2days発表

twitterツイート
3月16日の仙台CLUB JUNK BOXからスタートしたBase Ball Bearの全国ツアー<17才からやってますツアー>。そのファイナルとなった4月12日、ZEPP TOKYO公演のレポートが到着!

--------------------------

3月16日(日)の仙台 CLUB JUNK BOXを皮切りに始まった15ヶ所15公演の全国ツアー<17才からやってますツアー>のZEPP TOKYOでのファイナル公演。チケットは発売とともに即日SOLD OUTという現在の彼らの勢いを感じさせる状況の中でのライヴである。

オープニングナンバーの「ELECTRIC SUMMER」で会場は一気にヒートアップ、立て続けに「彼氏彼女の関係」「愛してる」と彼らお得意のPOPチューンで押しまくる。

中盤には5月8日に発売される新曲「changes」を演奏し、まだCD発売前とは思えないほどの盛り上がりで楽曲のポテンシャルの高さを感じさせた。

ヒット曲「ドラマチック」などのシングル楽曲やBass関根史織がメインVocalをとる「WINK SNIPER」など見どころ満載でライヴは一気に頂点へ。

最新ALBUM「十七歳」のタイトルナンバー「17才」では満員のオーディエンスとのコール&レスポンスも交えつつ本編の幕は閉じた。

アンコールではVOCAL&GUITAR小出祐介によるMCで、9月にBase Ball Bear初のホールでのワンマン・ライヴとなる渋谷C.C. Lemonホール2daysの開催が発表され、最新アルバムのラスト・ナンバーでもあり、全ての作詞作曲を手がける小出がもっともメッセージを込めた楽曲「気付いてほしい」が演奏された。

終演後にはシングル「changes」のカップリングに収録される「SUMMER ANTHEM」のPV撮影がZEPP TOKYOの会場に残った約2,700名のオーディエンスと共に行なわれた。「ELECTRIC SUMMER」「ドラマチック」「真夏の条件」など夏のイメージを持つ代表曲を多く持つ彼らの新しい“サマーアンセム”の映像がファンと共に制作されることになる。

PV撮影終了後は、撮影に協力してくれたオーディエンスへのメンバーからの感謝のしるしとして、キラーチューン「祭りのあと」が演奏された。

Base Ball Bear C.C. Lemon Hall LIVE
one day,one day<僕らの2日間演奏>


■9月19日(金)渋谷C.C. Lemonホール
開場 18:30 開演 19:00 全席指定¥3800
■9月20日(土)に渋谷C.C. Lemonホール
開場 17:30 開演 18:00 全席指定¥3800

Base Ball Bearニューシングル
「changes」
2008年5月8日発売!
TOCT-22292 ¥1000(税込)

●Base Ball Bearオフィシャルサイト
http://www.baseballbear.net/
●レーベルサイト
http://www.emimusic.jp/capitol/artist/bbb/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon