マッシヴ・アタック、新作制作状況

ツイート
マッシヴ・アタックのゲスト・シンガーとして知られるレゲエ・アーティスト、ホラス・アンディがマッシヴの新作の制作状況について語った。彼は数曲コラボするようだ。

アンディはBBC 6ミュージックでこう話している。「やらなきゃいけない歌詞は受け取った。3曲出来たよ。彼らがどれを選ぶかはわからないが、俺はもうじきブリストルへ行くことになってる。もう4年だ。まだアルバムが出なくて、俺としてはマッシヴのそばをウロウロしながら“あ~、どうなってんだ”って待ちわびてるって感じだな」

アンディは通常のマッシヴとのレコーディングについてこう説明している。「歌詞が送られてくる。そして、一緒にそれにバイヴを与えるんだ。彼らがプレイし俺がメロディーを引き出す。3Dがくれた歌詞に、俺がかっこいいメロディーをつけて歌うんだ。それを彼らが完成させる。ほとんどの場合、俺はレコーディングに行って帰ってくるだけだ。で、マッシヴ・アタックがアルバムをリリースするってニュースが入ってくる。その中に俺との曲が入ってるってわけだ。俺は決定プロセスには関わっていない。彼らはマッシヴだからな。すべて任せとけってわけさ」

アルバムの完成にはまだ時間がかかりそうだが、夏のツアーは決まっているようだ。アンディはこう明かしている。「6/7月に彼らのツアーに参加する。アコースティックをやりたいとこか何とか言ってたな。それにメルトダウンの話も聞いてる」

マッシヴ・アタックは6月14~22日、ロンドンのサウスバンク・センターで開かれるメルトダウン・フェスティヴァルの監修を務める。今年の同フェスにはマッシヴ・アタック自身やホラス・アンディのほか、イエロー・マジック・オーケストラ、エルボー、グレース・ジョーンズらが出演予定。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス