スキマ・大橋&常田が女子高で逆サプライズ

ツイート
2008年6月9日(月)、品川女子学院大講堂にて、映画『ダイブ!!』スクールプレミア試写イベントが開催された。

品川女子学院の生徒によって企画・運営された今回のイベントは、場所も校内の講堂という一風変わった会場であったが、イベントがスタートし大橋卓弥が登場すると既に大歓声。映画『ダイブ!!』主題歌「SKY」をサプライズでアコースティックの弾き語りで披露すると、間近で大橋卓弥の生歌を聴けた生徒たちはもう大興奮。

演奏後、常田真太郎、さらに主演の林遣都も登場し、またしても大歓声。その後は映画『ダイブ!!』の話題を中心にトークショーが行なわれた。3人が女子生徒の質問に答える形でトークイベントは進行。普段の会見ではなかなか聞かれない質問に3人は照れながら答えていた。

女子高生:『SKY』の歌詞の中で特に強調したい部分はありますか?

“僕にしか見えない世界”という部分ですね。主人公が10mの飛び込み台の先端に立ったときの気持ちと、僕のソロ活動に対する気持ちとをイメージして重ね合わせて書きました。──大橋卓弥

僕ら女子高に入るのは初めてだったんでドキドキしますね(笑) 映画をめいっぱい楽しんでいただいて、劇中音楽にも少し耳を傾けてもらえたら嬉しいです。」──常田真太郎

2008年よりそれぞれのソロ活動が開始されたが、スキマスイッチの2人が公の場に揃うのは今回のこれが初めてのこと。それ自体、嬉しいサプライズだったわけだが、最後には、会場に集まった200人以上の女子生徒によって主題歌「SKY」の大合唱が起こるという、生徒からゲスト3人へびっくり逆サプライズ。

驚きながらも喜び、大橋は伴奏を買ってでて、最後は全員での大合唱となり、イベントはハッピーに幕を閉じた。とても温かいイベントとなった。
この記事をツイート

この記事の関連情報