タフ★エロなak★sentの腰つきがクラブに戻ってきた

ツイート
2006年夏、<ジギジギ ザンザ ザンガザン~♪>という、一度聴いたら忘れられなくなるようなフレーズでクラブシーンを席巻したak★sent。

“キング・オブ・ダンスホール”の異名をとるビーニー・マンとのフィーチャリング・トラック「ジンギー」で鮮烈なデビューを飾った彼女が、2年ぶりの2ndアルバム『ジェミナイ』とともに戻ってきた。

●2ndアルバム『GEM-IN-I』CD情報
https://www.barks.jp/cdreview/?id=2000486659

今作はavex trax移籍第1弾で、アルバム収録曲は1stシングルである「ルージング・コントロール」を筆頭に「ジンギー」にも引けをとらない真夏のパーティー・チューンが満載となっており、彼女自身も自信作とのこと。確かにアルバム1曲目の「ストロンガー」から、あの小柄な身体から発したとは思えないような迫力あるラップでak★sentが攻める攻める。さらに「ルージング・コントロール」では、「ジンギー」の<ジギジギ ザンザ ザンガザン~♪>にも劣らないキャッチーな中毒性あるグルーヴとリリックが炸裂している。

アルバム発売は7月16日。さらに発売後の7月末には来日し、28日に行なわれる日本最大級のHIPHOP、R&B、REGGAEの祭典<dwango.jp presents R-Festa 2008>に出演。その後、8月1日には新木場ageHaでのリリースパーティの開催も決定している。

2年ぶりのタフ★エロな腰つき!2008年の夏はak★sentを堪能だ。

●タフ★エロな彼女のリードシングル「LOSING CONTROL」のPV映像
https://www.barks.jp/watch/?id=1000022246
この記事をツイート

この記事の関連情報