阿部芙蓉美 深夜の渋谷パルコで秘密ライブ

twitterツイート
今年の春先から、中谷美紀と荒川良々という異色な共演のハウスメイトTV-CMソングとして使用されている「開け放つ窓~piano version~」が、ノークレジットにも関わらずその印象的な歌声でWEBや口コミを中心に大きな反響を呼び、先日にはフジテレビ系「僕らの音楽」で『番組が今、最も注目するアーティスト』として特別出演も果たした阿部芙蓉美。

そんな彼女が9月19日(金)、閉店後の渋谷パルコにて催された「cuccia Shibuya PARCO Renewal Open Party with ベティの小さな秘密」にて、スペシャルミニライブを披露した。

PARCOパート1のファッションフロアが軒並み閉店する21時を過ぎた頃、cucciaの店舗がある4階フロアは20代女性を中心に続々と人々が集まった。そして22時過ぎ、cucciaの秋の新作ワンピースに身を包み登場した阿部芙蓉美は、cucciaのリニューアルオープンを祝った後、「ゆっくりと楽しんでいってください」と話し、「moon river」「開け放つ窓」「trip –うちへかえろ-」と計3曲を歌い、閉店後の渋谷パルコに集まった人々を魅了した。

ちなみに「閉店後のパルコでは、なかなか歌う機会はないですが」と阿部芙蓉美はMCで話したが、実は渋谷パルコでのライブパフォーマンスは今回が史上初めて。シークレットライブのようなどこか密やかな雰囲気の中、人々は秋の夜長に似合うこれらの曲を堪能した。

「trip –うちへかえろ-」は、9/10に“秋限定EP”としてリリースされる「ワン ナイト トリップ EP」の1曲目に収録される楽曲で、フランスで国民的大ヒットを記録し、主演女優のオドレイ・トトゥを一躍有名にした映画「アメリ」の脚本家ギヨーム・ローランが放つ9月20日公開の新作映画「ベティの小さな秘密」の日本イメージソング。

ちなみに、この映画には女優の広末涼子も「心が澄きとおる、胸がしめつけられる ベティの真っすぐな強さと優しさに、感動しました。」とコメントを寄せており、同作品は若い女性を中心に注目を集めている。

阿部芙蓉美は2007年6月のデビュー時より、耳元で囁いている様なウィスパーボイスと独特の世界観を持つ歌詞で、広告業界トップクラスのクリエイター集団「風とバラッド」や、日産自動車ほか数々のCMを手掛ける映像クリエイター・牧鉄馬氏、直木賞作家・石田衣良氏、さらには女優・永作博美氏など最先端をいく高感度な表現者たちを中心に熱い注目を集めている注目のシンガーソングライター。

なお、先月下旬から再び大量オンエアがスタートしているハウスメイトのテレビCMソング「開け放つ窓~piano version~」は今年4月にリリースされたファーストアルバム「ブルーズ」に収録。

「ワン ナイト トリップ EP」
2008年9月10日発売
FLCF-4252 ¥1,200 (tax in)
※秋限定生産版
M1,trip – うちへかえろ –
フランス映画「ベティの小さな秘密」イメージソング
M2,journey (English version)
「うごく!岐阜<生>」キャンペーン by うごく!プロジェクトSPCIAL MOVIE BGM
M3,moon river
NEXCO中日本企業CMソング
M4,みんなのブルーズ
アルバム「ブルーズ」期間限定生産盤DVDのBGMとして使用された楽曲のリアレンジ&ニューボーカル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報