歴代ベスト・ヒップホップ・ソング・トップ10

twitterツイート
音楽チャンネルVH1が、オンライン投票により決定した“ベスト・ヒップホップ・ソング100曲”を発表した。1位に輝いたのは、同ジャンルの大御所、パブリック・エネミー。「Fight The Power」('89年)が歴代ベスト・ヒップ・ソングに選ばれた。

2位もこれまた先駆者で、初のヒップホップ・ソングともいわれているSugarhill Gangの「Rapper's Delight」。女性アーティストでは唯一、ソルト・ン・ペパが登場している。80年代から90年代初めのトラックが多く、エミネムやジェイ・Z、50セントなどの曲はトップ10入りしなかった。

VH1が発表した<Greatest Hip Hop Song Ever>トップ10は以下の通り。

1.パブリック・エネミー「Fight The Power」('89年)
2.Sugarhill Gang「Rapper's Delight」('79年)
3.ドクター・ドレー「Nuthin But A 'G' Thang」('93年)
4.Run-DMC Ft. エアロスミス「Walk This Way」('86年)
5.Grandmaster Flash & The Furious Five「The Message」('82年)
6.N.W.A.「Straight Outta Compton」('88年)
7.ノトーリアスB.I.G.「Juicy」('94年)
8.スヌープ・ドッグ「Gin And Juice」('93年)
9.ソルト・ン・ペパ「Push It」('87年)
10.カーティス・ブロウ「The Breaks」('80年)

VH1では9月29日から1週間、ヒップホップ特集を組んでいるそうだ。毎年恒例らしいが、今年はサイプレス・ヒル、デ・ラ・ソウルをフィーチャーするという。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報