飛行機事故に遭った元ブリンク182のトラヴィス退院

ツイート
9月20日、飛行機事故に遭い重傷を負った元ブリンク182のトラヴィス・バーカー(Dr)が月曜日(9月29日)、無事に退院した。トラヴィスを含む乗客/乗員6人を乗せた小型機は、サウス・カロライナ州コロンビア空港で離陸に失敗。滑走路をオーバーランして高速道路わきの土手に激突、炎上した。

AP通信によると、彼が入院していた病院のスポークスマンは「トラヴィス・バーカーは月曜朝、退院した」とコンファームしたという。同様に怪我を負ったDJ AMことアダム・ゴールドスタインはすでに先週、退院している。

トラヴィスとDJ AMは19日夜、現地の大学のイベントに出演しカリフォルニアへ戻るところだった。この事故により、操縦士と副操縦士、トラヴィスのアシスタントとセキュリティが死亡。トラヴィスとDJ AMの2人は唯一の生存者となった。『US Today』紙によると、退院したDJ AMは「アダム・ゴールドスタインは、世界一ラッキーな男だ」とFacebookのページをアップしたという。

National Transportation Safety Boardによると、回収されたコック・ピットからのボイス・レコーダーから、操縦士はタイヤが破裂したと思い離陸を中止しようとしていたことが判明したという。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報