クリームのジャック・ブルース「ツェッペリンはクソ」

ツイート
元クリームのべーシスト、ジャック・ブルースが、クリームにくらべ、レッド・ツェッペリンの再結成ギグは「不完全」だったと批判した。ブルース節は「ツェッペリンはいつだってどうしようもないクソだった」と止まらない。

彼は『Classic Rock』誌にこう話したそうだ。「みんな、レッド・ツェッペリンについて話してるがな、あいつらたった1回、どうしようもないギグやっただけだろ。不完全な1回切りのギグだ。クリームは何週間にも渡って、ちゃんとしたギグをやったっていうのにな。ツェッペリンがやったような中途半端なギグじゃない。あいつら(ヴォーカルの)キーを低くしたりしてただろ。俺らは全部、オリジナルのキーでプレイしたぜ」

「消え去れ、ツェッペリン。お前らはクズだ。お前らはいつだってクソだったし、それ以外の何者にもなれない」

ブルースはさらに、クリームのギタリスト、エリック・クラプトンとジミー・ペイジを比べ、ペイジも“クソ”扱いしたそうだ。

クリームは2005年、ロンドンのNYでリユニオン公演を行なった。これにはジミー・ペイジも観に訪れている。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス