ジブリ・カヴァー個性派4作品が登場

ツイート
ジブリの名曲の持つ美しいメロディーを活かしたアレンジが評判を呼び、iTunesのチャートでも上位でロングセラーを記録している、人気のジブリ・カヴァー名曲集4作品が遂に12月17日発売される。

発売となるCD4タイトルはすべて、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのアートワークを手掛ける人気イラストレーター中村佑介のイラストがフューチャーされた美麗アートワークで、シリーズとしてコンプしたくなるシリーズだ。

今回リリースとなる4タイトルは、そのどれもが個性的でアーティスティックな作品ばかり。(1)ヴァイオリンとピアノ(2)尺八と琴(3)オルゴール(4)ジャズピアノという4つのオリジナリティは、どれもステキで、世界の音楽を旅しているかのようだ。

(1)ジブリの名曲達の持つ美しいメロディーとせつなさを伝える、Yuka『ジブリのせかい~ヴァイオリンとピアノの調べ』。
◆『ジブリのせかい~ヴァイオリンとピアノの調べ』全曲試聴

(2)和楽器とジブリの名曲のメロディーがベストマッチする、マルコ・リンハード『ジブリのせかい~尺八と琴の調べ』。
◆『ジブリのせかい~尺八と琴の調べ』全曲試聴

(3)美しいメロディーを、切なく柔らかに伝える定番人気オルゴール集『ジブリのせかい~オルゴールの調べ』。
◆『ジブリのせかい~オルゴールの調べ』全曲試聴

(4)ジブリの名曲達がJAZZYに美しく響くピアノソロによる新作、金益研二『ジブリのせかい~ピアノの調べ』
◆『ジブリのせかい~ピアノの調べ』全曲試聴

どうですか?いずれのタイトルも「崖の上のポニョ」を含む“最新ジブリベスト”ともいうべきラインナップ。ジブリの名シーンが甦る珠玉のメロディーが、様々な楽器のテイストで堪能できるちょっとツボなシリーズでしょ?
この記事をツイート

この記事の関連情報