年末年始特集 BARKSゆく年くる年2008-2009~1月編~

twitterツイート

結婚目前とも噂されていたモデル・土岐田麗子と、お笑いコンビ・インパルス堤下敦の破局が土岐田のブログで発覚…という、一見BARKSとは縁がなさそうな話題の余波が、ランキングを賑わせた1月。

2007年4月にリリースされた竹仲絵里のシングル「黄色い花-Wedding Story-」のPVに花嫁姿の土岐田が出演していたため、その関連ニュースや動画に各方面から予想外のアクセスが集まりました。

そんな1月のニュースで堂々1位となったのは、大黒摩季やT-BOLANなどを擁した90年代ビーイングのヒット作が1,000円廉価盤で登場というニュース。今だから語れる当時の制作秘話なども明かされたこの記事は、2位に圧倒的な差をつける注目度の高さでした。

動画では、Acid Black Cherryの「冬の幻」スポットがランクイン。実はこの曲、莫大な予算や手間がかかったであろう生のストリングスをレコーディングするも、ミックス段階で容赦なくその音量をがくんと下げ“一体どこでストリングスの音が鳴っているの?”という状態に仕上げたという、yasuのロック魂溢れる贅沢な楽曲でした。

試聴ランキングでは、3月にリリースされた宇多田ヒカルのアルバム『HEART STATION』の先行シングル「HEART STATION/Stay Gold」が2曲ともにランクイン。そして、馬場俊英が初出場した「紅白歌合戦」で歌唱した「スタートライン」が、前月の2007年12月に続き好アクセスを記録しました。

特集ランキングでは、2007年12月についにリリースされたBUMP OF CHICKEN待望のアルバム『orbital period』特集が、ページ公開から1ヶ月後も好アクセス。作品への高い評価とバンドへの注目度の高さをうかがわせます。そんなバンプを抑えて1位を獲得したのは、2007年1月からスタートしたJのラジオ・レギュラーbayfm『MOZAIKU NIGHT』との連動企画。この1月は、BARKSでもお馴染みの音楽ライター・増田勇一さんがゲストに登場し、公開インタヴュー状態で貴重なトークが繰り広げられました。

邦楽アーティストのコンテンツに注目が集まった1月ですが、写真ランキングでは、約2年ぶりの来日興業を行なったボン・ジョヴィの東京ドーム・ライヴの写真が貫禄の1位を獲得。それに次いで、アラビアンな新衣装を公開したAAA、過激なる完全復活を発表したX JAPANがトップ3入りという、ヴァラエティに富んだ結果になりました。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報