今週の動画ランキング[2008.12.15~12.21]

twitterツイート
メリークリスマス! BARKSがある丸の内はイルミネーションがとても綺麗で、クリスマスムード満点です。最近暖かかった東京にも寒気が入ってくるそうで、ホワイト・クリスマスを期待してます。
12月15日~21日の動画ランキングの発表です。

順位アーティスト名動画タイトル
1ジョンジョリーナ・アリー鼻毛ボー
2Blue Man Groupブルーマン+HISASHI(GLAY)ライヴ映像
3安倍なつみID December_2008
4Paul Gilbert&Freddie NelsonInterview December_2008
5w-inds.クリスマスメッセージ 2008
6大塚 愛『LOVE LETTER』スペシャルコメント
7倖田來未クリスマスメッセージ 2008
8class冬の日の2009
9シドクリスマスメッセージ 2008
10ダウト明星オリオン
※日々集計されるログから上位10位をピックアップ、アクセス数から1週間分を集計したランキング

●1位:ジョンジョリーナ・アリー「鼻毛ボー」
アルバム『レット・イット・ボー』発売のニュースが様々なウェブ界隈で反響を呼び、収録曲「鼻毛ボー」がずどーんとランクイン。アルメィニヤ共和国生まれの20歳。興味を持った人はバイオグラフィを読んで脱力していただきつつも、でもビックリするほどの美しき容姿と必要以上のサウンドクオリティに、頭の中は「?」だらけでしょ?それが正常な感覚です。2009年も要チェックのジョンジョリーナ・アリー、見逃しはダメよ。

●2位:Blue Man Group「ブルーマン+HISASHI(GLAY)ライヴ映像」
ブルーマングループ東京公演開幕1周年を記念した公演に、GLAYのHISASHIが乱入した動画が、先週からも高水準をキープ、2位にランクイン。客席から現れた後、歓声の中ステージへ。ステージ上で演奏・共演をするゲストはHISASHIが世界初の試みだそうだ。

●3位:安倍なつみ「ID December_2008」
12月3日にシングル「スクリーン」、12月10日にベスト・アルバムをリリースした安倍なつみのコメントが3位に。ソロになったことへの不安、スタッフ、そして何よりもファンに支えられ、今までやってこれた感謝の想いが詰まったメッセージ。この動画でも天使の羽根は見えますか?

●4位:Paul Gilbert&Freddie Nelson「Interview December_2008」
ポール・ギルバートの新しい相棒、フレディ・ネルソン。連名でリリースされたアルバムについて語ってもらったインタビューは、冒頭で2人のギターバトルが見られるが、場面が変われば仲良しホンワカムード。歌もギターもルックスも、ポールのベタ惚れっぷりが全開だ。

●5位:w-inds.「クリスマスメッセージ 2008」
12月17日にライヴDVD『Seventh Ave.』をリリースしたw-inds.のクリスマスメッセージ。「寂しいクリスマスがあってこそ、クリスマスの醍醐味を味わえる」と、実体験に基づいてるのか、慶太が意味深な発言をしている。

6位以下の注目動画は、先週BARKSトップで展開されていたダウトの「流星オリオン」。和風ファンタジー・ビジュアル系の彼らならではの要素を孕みつつ、冬の空に瞬くオリオンをテーマにしたスケールの大きな楽曲。着々とライヴ動員数も増やしている注目のバンドだ。

そして今週はBENNIE Kをプッシュ! ベスト・アルバムを2枚リリース、10月には代々木公園でフリーライブと、精力的に活動を続けてきた彼女たち。1年を締めくくるべく、BARKSユーザーに特別なプレゼントを用意してくれました。

なお、来週の動画ランキングは冬期休暇に入ってしまうためお休みです。2008年にアップされた沢山の動画の中から選ばれた<2008 BARKS迷言・名言大賞>が年明けにアップ予定なのでお楽しみに! 
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報