『おっぱいバレー』主題歌はもっちー&貴男

twitterツイート
映画『おっぱいバレー』の主題歌を担当しているCaocaoが、実は持田香織(Every Little Thing)×田島貴男(オリジナル・ラヴ)のユニットであったことが明らかになった。

4月18日公開映画『おっぱいバレー』(綾瀬はるか 主演)といえば、その何ともセンセーショナルなタイトルで “実はちょっと気になっている” という人も多いことだろう。

そんな注目の映画の主題歌を歌うのは謎のユニットCaocao。映画の公式サイトでは、主題歌「個人授業」(フィンガー5のカヴァー)のみが公開され“一体誰が歌っているのだろう”と、某大型掲示板やSNSサイトなどで予想されていた。

今回のコラボは、『おっぱいバレー』の羽住英一郎監督が、この映画のために持田に“「個人授業」を歌ってほしい”とオファーし、持田が前々から一度一緒に何かやりたかった田島に声をかけ、一緒にコラボすることになったという。

持田は今回の映画について、“「おっぱいバレー」というタイトルがなんとも可愛い響き”と語る一方、田島とのコラボについては、“田島さんの歌声は目の前にある世界と空想とにどこまでも続くように響き渡るとても夢心地”と絶賛。また田島は持田について、“物腰の柔らかさと下町育ちっぽい意気の良さがある方だなと思いました。歌のレコーディングのときは自ら何度も何度もトライしようしていて、歌に対する熱意を感じました。”と語るとともに、今回カヴァーを行なう際に原曲を聴きなおしたところ、フィンガー5のメインヴォーカルだったアキラが、当時、変声期以前の子供だったにもかかわらず、黒人的な歌唱法を身に付けていたことに驚いたという。

なお、今回の「個人授業」のPVは、ある中学校でCaocaoがシークレットライヴを行なう模様をドキュメンタリータッチで描くというテーマのもとに撮影。2月の中旬に某中学校とその学校に通う生徒達の協力により完成した。また、アーティスト写真は、PV撮影とともに中学校の教室にて。現場で笑い声が絶えない程、ふたりともリラックスした様子で、終始和やかに撮影された。

香織と貴男の“Caocao”が魅せる大人の「個人授業」。映画『おっぱいバレー』とともに楽しみにしたい。シングル「個人授業」は、4月8日にリリースされる。

◆Caocaoメンバーからのコメント全文
◆Caocao オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス