角松敏生、箱根でアルバム記念生ライヴ

ツイート
3月14日、箱根登山線・箱根湯本駅がリニューアルオープンした当日、角松敏生のスペシャルイベントが箱根で行なわれ、応募総数3000名の中から選ばれた幸運な100名が、角松敏生の貴重なライヴイベントを楽しんだ。

このイベントは、在京ステーションTOKYO FMにて毎週土曜日21:00~21:30にオンエアされている角松のレギュラー番組「ODAKYU SOUND EXPRESS」の公開録音で、3月18日に発売する角松敏生のアルバム『NO TURNS』の発売記念イベント。角松のレギュラー番組内で角松のホームグラウンドである世田谷を走る小田急線にクローズアップして、新宿から箱根湯本までの駅について毎回1駅づつ解説していくという人気コーナーがあり、今回はそのコーナーにちなんで終点である箱根がイベント会場に選ばれることになった。

生楽器にこだわって制作したCD音源の音を自身のライヴにて完全に再現するクオリティの高さは、ファンだけでなく多くのアーティストからも定評があり、角松のライヴチケットを入手するのは非常に困難である。そんな角松がこういったイベントでライヴを行なうこと自体が非常に稀なこと。

当日イベントが始まると、角松は「箱根に来たのは、子供の時以来で本当に久しぶり。初めてロマンスカーの先頭に乗りました。あれは本当にすごい!」「本日イベントに来て頂いたからには、公開録音の臨場感を一緒に出演者となって楽しんで下さい」と、ご挨拶。通常のラジオレギュラー収録の模様を収めた映像や、最新アルバム『NO TURNS』のいち早い試聴、来場者の角松への質問コーナーといったスペシャルな内容が続き、ライヴでは今剛(G)、梶原順(G)といった強力なサポートメンバーを呼び込んで、『NO TURNS』に収録されている新曲「REMINISCING」やファンの間で人気の高い「浜辺の歌」含む全9曲を演奏しイベントは大盛況にて終了した。

イベント終了後、角松は「3人のセッションは新鮮で、ギターサウンドだけで重厚な世界観を表現出来た。イベントライヴではあったが得るものは多かった。箱根はいい所でした!」と喜びを顕にした。

この公開録音の模様は、TOKYO FMにて3月29日(日)19:00~19:55にてオンエアされる。アルバム『NO TURNS』を引っ提げての全国ツアーは10月から始まる予定だ。

<TOKYO FM ODAKYU SOUND EXPRESS IN HAKONE>
M1 REMINISCING
M2 What Do You Think
M3 You can go your own way
M4 美しいつながり
M5 LIVE
M6 心配
M7 木洩れ日
M8 浜辺の歌
E1 夜の蝉

<TOSHIKI KADOMATSU Performance 2009 “NO TURNS”>
角松敏生(Vocal/Gtr)/江口信夫(Dr)/松原秀樹(B)/今 剛(Gtr)/梶原 順(Gtr)/小林信吾(Key)/森 俊之(Key)/田中倫明(Perc)/チアキ(Cho)/凡子(Cho)
2009年10月02日(金) 福岡サンパレス ホテル&ホール
2009年10月04日(日) 大宮ソニックシティ
2009年10月08日(木) 札幌市教育文化会館
2009年10月10日(土) 仙台市民会館
2009年10月24日(土) グランキューブ大阪 メインホール
2009年11月14日(土) 愛知県芸術劇場 大ホール
2009年11月20日(金) 神奈川県民ホール
<TOSHIKI KADOMATSU Performance 2009“NO TURNS”-Premium Live With 3K->
3K=角松敏生(Vocal/Gtr) / 今 剛 (Gtr) / 梶原 順 (Gtr)& 田中倫明 (Perc) / 山内 薫 (Bass) / 友成好宏 (Key)
2009年3月07日(土) 滋賀県立文化産業交流会館
2009年4月19日(日) 福生市民会館
2009年5月04日(祝) 和光市民文化センター
2009年5月10日(日) 松戸 森のホール21
<Special Collaboration LIVE “角成 順”>
角松敏生(Vocal/Gtr)/友成好宏(Key)/梶原 順(Gtr)
2009年5月30日(土) 神戸WYNTERLAND
2009年5月31日(日) 神戸WYNTERLAND
2009年6月02日(火) 広島 CLUB QUATTRO
2009年6月04日(木) 松阪 M'axa
<T's Maochica 2009 Premium>
角松敏生(Vocal/Gtr)& Maochica (小林信吾&友成好宏)
2009年7月11日(土) 軽井沢大賀ホール
2009年7月18日(土) クロスランドおやべ
◆チケット詳細&購入ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報