BONNIE PINK、女性限定プレミアム・カフェ・ライヴ

ツイート
6月7日、BONNIE PINKによる女性限定のプレミアム・カフェライヴが自由が丘のカフェ「SPOON BREAD」にて行なわれた。

5月13日に発売された10枚目のオリジナルアルバム『ONE』のタイトルの由来でもある、「10枚目の新たなる一歩」「初心にかえる」という部分から、いつも応援してくれるファンの皆へ感謝の気持ちを伝えたいと企画されたこのライヴは、J-WAVE「PARADISO」と連動し、公開収録という形で実施された。

500通を越す応募から当選したラッキーな15組30名の女性達の前に現れたBONNIE PINKは、なぜかエプロン姿。というのも、オリジナルスイーツの提供というサプライズを用意していたため。アルバムのジャケットイメージカラーも反映した「ボニーズ・エカラット・ジュレ(紅のゼリー)」と「ピナ・ココ・シェイク(パイナップルとココナッツのシェイク)」を食しながらの贅沢なアコースティック・ライヴがスタートとなった。

アルバム『ONE』収録曲で、切ない恋心を歌った「フューシャ・フューシャ・フューシャ」から始まり、続いて先行シングル「Joy」「Happy Ending」を披露。更に友人・一青窈がサプライズゲストとして登場、プレミアムライヴがスタートした。まずは、アルバムの中でもロックテイストの強い楽曲「Rock You Till the Dawn」を、2人で異色のコラボレーション。BONNIE PINKにとっても実はライヴでの披露はこれが初のことだ。熱狂もさめやらぬまま、今度は一青窈の代表曲「ハナミズキ」を2人で熱唱し、大歓声の中本編は終了。

本編後はオーディエンスとのガールズトークとなった。

「洋服はどんなところで買ってるんですか?」「ストレスはどのように解消しますか?」などの質問に交じり、「結婚したい彼がいてどうやってアプローチしたらいいと思いますか?」というピンポイントな質問には、「言っちゃえばいいじゃん!」とばっさりのBONNIE PINK。女性からも厚い支持を得るBONNIE PINKならではのキャラが際立った瞬間でもあった。

アンコールでは、BONNIE PINKがアーティストとして生まれてはじめて作ったという曲「Heaven's Kitchin」を披露。BONNIE PINKが考案したスウィーツと共に、まさに<BONNIE's Kitchin>を楽しんだ至高のプレミアムイベントは、盛況のまま幕を閉じた。
この記事をツイート

この記事の関連情報