グラストンベリー・フェスティヴァルで行なわれるブラーのリユニオン・パフォーマンスについて「ファンにとってはたまらないだろう」とコメントしたオアシスのノエル・ギャラガーが、活動を休止していたブラーとオアシスの違いについて語った。

ノエルは、ブラーのフロントマンのデーモン・アルバーンのようにほかのジャンルの音楽に手を広げることはできないそうだ。故にオアシスの活動を休止することはないらしい。BBC 6ミュージックでこう話した。「(オアシスとは)別のバンドにいる奴は、違うタイプの音楽に手を染めることもできる。俺らはカレッジや大学へ行ってないからな。ステージで見るまんまだ。俺は、音楽的にほんとに限られた能力で活動している。ほかのことはできない。ジャズをプレイできるわけじゃないし、チャイニーズ・オペラなんか作れない。レゲエのこともわからない」

「俺がわかってるのは、自分の曲をどうやってプレイするかってことだけだ。だから俺らはほかのことなんかできないだよ。それを望んだこともないしな。オアシスにいたら、ほかのことする必要なんてないんだよ」

現在UKスタジアム・ツアー中のオアシスは、7月9日よりウェンブリー・スタジアムで3公演を開く。その後、<Fuji Rock Festival 2009>で来日する。

Ako Suzuki, London