MINT CONDITIONの重量級の生ファンク・グルーヴを体感せよ

ツイート
楽器を手にファンクをやる、いわゆるセルフ・コンテインド・グループが減少の一途を辿る中、それに逆行するかのようにバンド・アンサンブルによる新しいR&Bを提示したMINT CONDITION(ミント・コンディション)。

1980年代半ば、ドラマーでリード・ヴォーカルのストークリーを中心に、6人のメンバーによってミネアポリス近郊で結成された彼らは、同郷の人気プロデューサー・チーム、ジミー・ジャム&テリー・ルイスが主宰するパースペクティヴから'91年にデビュー。同年R&Bチャート3位を記録した「Breakin' My Heart」を筆頭に、美麗なスロウから躍動感のあるファンクまでを高度な演奏技術とストークリーの甘く伸びやかなヴォーカルを武器に奏でてきた。

その後、メンバーのケリ・ルイスが脱退し、レコーディング活動を一時休止するも、2005年に6年ぶりとなる復帰作『Livin' The Luxury Brown』を発表。2008年には最新作『E-ライフ』もリリースし、精力的に活動している。

ライヴでこそ魅力を発揮する彼らの来日公演が決定した。その勇姿を、ぜひお見逃しなく。

MINT CONDITION来日公演メンバー
Stokley(vo,ds), Jeffrey Allen(key,sax,vo), Lawrence El(key,vo),
O'dell(g,vo), Ricky Kinchen(b,vo), Brandon Commodore(ds)

●7月8日(水)
@Mtion Blue YOKOHAMA(横浜)
Charge:¥8,400税込)
Showtimes : 6:30pm & 9:30pm
◆Mtion Blue YOKOHAMA
●7月10(金)、11日(土)、13日(月)
@COTTON CLUB(丸の内)
Charge:¥8,400税込)
Showtimes : 7:00pm & 9:30pm
◆COTTON CLUB
◆チケット詳細&購入ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報