シャルロット・ゲンズブール、ベック、ジャーヴィス・コッカーとコラボ

ツイート
フランスの女優/シンガーのシャルロット・ゲンズブールが、2010年リリース予定のニュー・アルバム『IRM』でべックやジャーヴィス・コッカーとコラボしているという。

ベックは、ソング・ライティングだけでなくミキシングにも行なっているそうだ。最初は数曲書くだけのつもりが「一緒に時間を過ごすうちに、彼女がどういう方向へ行きたいのかわかるようになった。スタジオへ入ると、すべての可能性が見えた」ため、当初考えていたより深くアルバムに関わることになったという。

英国の女優/シンガーのジェーン・バーキンとフランスの俳優/シンガーのセルジュ・ゲンズブールの間に生まれたシャルロットは、1984年13歳のときに父親とのデュエット「Lemon Incest」でデビュー。その後、女優としての活躍のほうが目立つが、これまでに『Charlotte for Ever』(1986年)、『5:55』(2006年)の2枚のアルバムをリリースしている。『5:55』では、ベックの父親デヴィッド・キャンベルがストリングスをアレンジした。

3rdアルバム『IRM』にはベックのほか、ジェーヴィス・コッカー、AIR、ディヴァイン・コメディらも参加。2010年1月のリリースが予定されている。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報