さかいゆう、最多パワープレイを獲得

ツイート
10月7日に「ストーリー」でメジャーデビューをはたしたさかいゆうだが、デビュー曲「ストーリー」が、FMパワープレイの獲得最高記録を樹立した。これまで記録を保有していた秦 基博の41局獲得を上回るという。

久しぶりに天才の名にふさわしいさかいゆうらしきエピソードの誕生だ。

◆さかいゆう、最多パワープレイを獲得 ~写真編~

卓越したセンスと美しい声で彼の名はじわじわと世に浸透し、様々なシーンで多くのアーティストからも絶大なる評価を獲得、その圧倒的なライヴパフォーマンスも手伝って、アンテナ感度の高いオーディエンスを次々を飲み込んでいった。

そんな中で8月24日に行なわれたのが、全国の媒体・ディーラー関係者向けに行なわれたコンベンションライヴだった。多くの業界関係者に見せ付けたそのパフォーマンスは、一瞬で彼らを虜にした。これにより全国各地のFMラジオ局で続々とパワープレイが決定、今回の記録樹立に至ったのだ。

さかいゆう本人は「自分にとってもラジオを通して音楽と出会うということは特別なことです。純粋に音を通しての出会いだと思います。そのラジオに関わっている方々が興味を持ってくれて、応援していただけることは何よりも嬉しく光栄に思います。」とコメントしている。

もちろん彼を応援しているのはFMラジオ局のみならず、AMラジオ局、CS音楽専門チャンネルでもパワープレイを獲得しており、より多くの機会で彼の歌声を耳にすることが多くなるだろう。

11月には早くも東京と大阪でワンマンLIVEが開催となる。すでにチケットはプレミア化することは間違いない。チケットの一般発売はまだ先だが、デビューシングル「ストーリー」の初回生産分には先行予約の情報が封入されているので、チェックいただきたい。

なお、下記はさかいゆうのメジャーデビューに際し寄せられたアーティストのコメントだ。

「さかいくんに初めて会った時の印象はファンキーなヤツ。それからしばらくして音を聴きました。あまりにイメージと歌声が違って最初は信じられませんでした。それから何度かステージを見て彼は本物のアーティストだと思いました。音で遊んでいる彼の姿はすごくかっこいい。僕が言わなくても、きっとみんな、彼の魅力にすぐとりつかれるでしょう。」──スキマスイッチ 大橋卓弥

「まず始めに言っておきますが、さかいゆうはメジャーデビューする新人アーティストです。見た目、しゃべり、態度、雰囲気、交遊録、そして肝心の楽曲。その全てがまったく初々しくありません(笑)。というワケで一応レーベルの先輩として皆さんに謝っておきます。スイマセン、さかいゆうは新人なんです。信じてもらえないかもですが…。」──スキマスイッチ 常田真太郎

「さかいゆうは竹内朋康 a.k.a.SEXY が紹介してくれました。その時に貰ったCD「Yu,Sakai」は本当に衝撃的で、それからライブや楽曲制作で何度も共演してきました。その度にその才能には驚かされ、刺激を貰ってきました。あとはもう勝手にやって、勝手に売れて、プレゼントした機材の倍の値段の機材を買って下さい。よろしく。強くたくましく、そして優しく生きて歌ってください。」──KREVA

「さかいゆう。人間(Human)というより妖精(Fairy)に近い、謎のいきものです。あなたに悪さをしたり、いきなり極上のメロディを届けたりします。シルキーヴォイスの向こう側で漆黒のベースがうねっていたり、イケナイ変拍子が鳴っていたりします。気持ちよくなってしまうのはあなたの勝手ですが、どうか御自分の責任においてお楽しみください。なんせこのオトコ、まだその潜在能力の1%も出しきってないと思われます。恐っ!」──Mummy-D/坂間大介(RHYMESTER/マボロシ)

「ゆうの楽曲はいつもセンチメンタルでいてロマンティック。ぱっと浮かぶ情景に心の涙腺をあっさり奪われることもしばしば。きっと近い将来、日本のポップスにおける重要人物になるであろう。そう実感できるメジャーデビューシングル。ここ数年、同じステージを共にした仲間としてマジでうれしい!アルバム期待してます。」──竹内朋康(マボロシ)
この記事をツイート

この記事の関連情報