RIP SLYME、マニアックに大盛況となった恒例クリスマス・ライヴ

ツイート
毎年恒例となったRIP SLYMEのクリスマス・ライブが12月24日、25日に赤坂BLITZで行なわれた。毎年テーマをかかげて行なわれるクリスマス・ライブだが、2009年のタイトルは~RIP SLYME Xmas LIVE 2009 MANIA C HRISTMAS~。「普段のライブでは聞けないマニアックな曲をやろう」というのがテーマだ。

◆RIP SLYME、マニアックに大盛況となった恒例クリスマス・ライヴ ~画像編~

勿論、両日ともにチケットは即日完売。会場はクリスマスをRIP SLYMEと過ごしたいファンでいっぱいだ。ステージには巨大なミラーボールとシルバーのテープがあしらわれ、パーティーの雰囲気の中、RIP SLYMEの5人が黒いベストとハット姿で登場。「星に願いを」からライブはスタート、厳かなクリスマスとは違いRIP SLYMEらしいクリスマス・ソングだ。オープニングからRYO-Zが「(クリスマス)何も予定入らなかった?」と会場に問いかけドッと笑いを誘った。

本編は4つのブロックで構成されていたが、Bブロックでは、メンバーそれぞれが勝手に選んだというマニアックな曲を披露。まずはFUMIYAが「これは奇跡!」と選んだ、「BOUND to REBOUND」。そしてRYO-Zが「知らねーって顔やめてね」とドキドキしながらセレクトした「BLACK DADA」に続き、ILMARIが「俺のレコードをサンプリングした曲なんだけど、FUMIYAからレコードが返ってこないんだよ…」と愚痴った「光る音」が披露された。PESは「いい曲だね~」と「Why」をセレクトし、最後にSUが「くるりの岸田くんがユーミンとコラボしてるの悔しくない?そういう感じの曲です。」とセレクトした「ナイトライダー」でBブロックは締めくくられた。

Cブロックでは、初めてRIP SLYMEのライブに来た人の為にと少し耳なじみのある曲を披露したが、ここはクリスマス・ライブのスペシャルなステージだけあり、いつもとは違うバンド・バージョンでパフォーマンス。リップの代表曲「One」や「Present」では、FUMIYAもアコースティック・ギターやパーカッションで参加、彼らの多彩ぶりも垣間見られるブロックだった。中でも目を引いたのが、バンド・バージョンで披露された「熱帯夜」。曲が始まると、突如ステージ後方にセクシーなポールダンサーが登場、会場も一気に盛り上がり、寒いクリスマスの夜が熱帯夜と化した。

最後のDブロックでは、RIP SLYMEのファンクラブRSFで投票を募った聴きたいマニアックな曲、題して「マニアック・ランキング」が発表された。彼らの100曲を超えるナンバーから、メンバーがマニアックだと思った40曲をセレクト。その中からRSF会員が投票して選ばれたTOP 5がカウントダウン形式で披露された。最後に披露された1位は、RYO-Zが「まさか、これが1位とは私、思いもよらなんだ」と語った「Disco-munication」であった。

本編は、しっとりしたクリスマス・ソング「Supreme」で幕を閉じ、アンコールでは、RYO-Zが1人で登場し、いきなりブルースの名曲「MANNISH BOY」を熱唱。会場から少し苦笑が起こる中、他のメンバーもステージに再登場。するとRYO-Zから「この曲は、マニアック・ランキング、ぶっちぎり最下位でした。総投票数は4票」との告白で、またまた会場は大爆笑。

さすがにRYO-Zの「MANNISH BOY」では終われないと、続けて「マタ逢ウ日マデ」「Beauty Focus」が披露され、マニアックな夜は大盛り上がりのうちに閉幕した。

「知らない曲ばっかなのに、最後まで楽しんでくれてありがとう!」と感謝の気持ちとともに、会場はシャボン玉でいっぱいになった。

<RIP SLYME X'mas LIVE 2009 MANIA“C”HRISTMAS>
2009年12月25日(金)
@赤坂 BLITZ
・星に願いを (J-Wave冬のキャンペーン・ソング)
・Hot chocolate
・Underline No.5
・BOUND to REBOUND (FUMIYAセレクト)
・BLACK DADA (RYO-Zセレクト)
・光る音 (ILMARIセレクト)
・Why (PESセレクト)
・ナイトライダー (SUセレクト)
・one
・Present
・熱帯夜
・ステッパーズ・ディライト
・NP
・花火 (第5位)
・運命共同体 (第4位)
・ジグソウル (第3位)
・M・I・L・K (第2位)
・Disco-munication (第1位)
・Supreme
-encore-
・MANNISH BOY (RYO-Zソロ)
・マタ逢ウ日マデ
-W encore-
・Beauty Focus
この記事をツイート

この記事の関連情報