阿部真央、デビューから1年を経た待望の2ndアルバム『ポっぷ』リリース特集

twitterツイート

阿部真央 デビューから1年待望の2ndアルバム『ポっぷ』2010.1.27リリース

フジテレビ系『エチカの鏡 ココロにキクTV』エンディングテーマ 2010年第一弾シングル「いつの日も」2010.1.13リリース

様々な人との出会いと別れを経験し
その現実と正面から向き合うことで
歌に凄みとポジティヴなポップさが
宿り始めた20歳のシンガーソングライター

パワフルに、生々しく10代最後の声を刻み続けた阿部真央が、20歳になる2010年1月に発表する最新シングル「いつの日も」、そして2ndアルバム『ポっぷ』。阿部真央に纏わりつくさまざまなステレオタイプを吹き飛ばし、よりディープかつポップなアーティスト性を提示することとなったこの2枚は、どのようにして産み落とされることとなったのか。悩み、苦しみながらも辿り着いた真実の阿部真央。彼女の“今”を知るためのインタビュー特集だ。

INTERVIEW-2

――最新シングル「いつの日も」、そして最新アルバム『ポっぷ』がリリースされる1月ですが、阿部さんの誕生月でもあるんですね。

阿部真央: そうなんですよ。アルバム『ふりぃ』でデビューしたのも去年の1月だったし、私にとっては節目の月なのかなぁ……なんて思っていますね。

――改めてこの1年の活動をどのように振り返っていますか?

阿部: 正直、苦しい1年だったなぁって。環境がガラッと変わって、他人と向き合わざるをえない状況に段々となっていって、自分にとって何が本当に大事なものなのかとか、「自分のやりたいことってなんだっけ?」とか、いろいろと考えなくちゃいけなくて。今まで人と向き合うことから逃げてきた私にとっては、結構苦しい1年でしたね(苦笑)。

――1年の間に大勢の「はじめまして」の人が増えていく環境が、少し息苦しかった?

阿部: はい。もちろん良いことでもあるんですけどね。デビューしたからこそ、みんなお金を使って、時間を割いて、私の音楽に付き合ってくれるわけじゃないですか。だからこそ中途半端は許されない。今後活動するにあたって、“どう見せたいのか”と“どう見られたいのか”がしっかりとしていないと、上手くいかないということに気付いたんです。今までは、「デビューさせてもらった」とか「ライブさせてもらった」とか、受身であることの方が多かったんですよ。でも、デビューしたらそれではもうダメだなって気がついて。で、いざ自分と向き合おうと思ったら、苦しくて辛くて。

――デビューして以降、阿部さんと同年代とか下の世代のファンから、「感銘を受けた」というメッセージが多く寄せられるようになったと思うんです。だからこそ、というのもあるんじゃないですか?

阿部: そうなんですよね。ウソはつけないから、本気にならざるをえないし、甘えてもいられない。そういう意味ではプロ意識も身に付いたし、覚悟も定まった1年だったとも言えますね。

――20歳になる、というのも重要な節目だと思うんです。自分で意識してなくても、周りの環境から意識せざるをえないというか。そんな中、先行でリリースされた「いつの日も」がこれまでの阿部真央とは違う魅力とメッセージを持った楽曲で。

阿部: デビュー以来、今まで発表してきた曲ってどれも“高校生の頃に書きためていた曲を今の私が歌う”というスタイルだったんですけど、「いつの日も」は2009年の9月に書いた曲なんですよ。ここまで自分の心がタイムリーな形で唄になった曲って、今までなかったんですよね。この曲が生まれたきっかけというのが、9月のちょっと前に、すごく大切だった人とお別れすることなりまして……。私が19年間生きてきた中で、どんな厄介なことも一つずつ改善して乗り越えていこうよって、思えていた人だったんです。だから、私も一生懸命好きだったし、一生懸命好きでいてくれたと思うんですけど、別れることになってしまって。別れてから思ったことは、人を一生懸命に愛そうと思ったことや、愛そうと思った時間は、その人がいなくなった後でも、こんなにも人の心を温かくすることができるんだってこと。愛の力、とか言うとクサイですけどね(笑)。でもそのことをきっかけにして、本当の意味で愛のすごさを感じてしまったんです。じゃあ今まで私は、どれだけの人をここまで愛せたかな? って考えたんですけど、そんな人はなかなかいなくて。そう思ったら後悔して、苦しくもなったんですけど、だったら私は死ぬまで、せめて自分の周りにいてくれる大事な人だけでも余すことなく愛したい。愛したことを刻みたいし、愛されたことを刻まれたいと思ったんです。

⇒NEXT PAGE

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報