2010年1月中旬カナダで行なわれたガンズ・アンド・ローゼズの公演で、オーディエンスはスラッシュのTシャツや彼のトレードマークであるトップハットの着用を禁じられたとの報道があったが、バンドのマネージャーはこれを否定するコメントを発表した。

TMZ.comは、警備員がオーディエンスの服装をチェックし、スラッシュのTシャツを着た人は裏返しにするよう、トップハットは預けるよう指示されたと伝えた。警備員は、マネージメントから指示されたと同サイトに認めたそうだが、バンドのマネージャーはこれを否定するコメントを掲示板に掲載したという。

「このような格好を禁じるよう警備員に指示していない。もし彼らがそうしたなら、それは彼ら独自の決断、もしくは誰かべつの者からの要請だ」

TMZ.comは、服装を指摘された大半の人は大人しく指示に従ったものの、中には会場を後にする人もいたと伝えている。

ガンズ・アンド・ローゼズは現在もカナダ・ツアー中。スラッシュ禁止令が出たと噂されたのは13日の公演だった。その後も同国内で数回コンサートが開かれているが、そういった話は出ていない。

Ako Suzuki, London