KAN、渾身の全9曲収録の15thアルバム『カンチガイもハナハダしい私の人生』大特集

ツイート
« 前のページ123次のページ »

KAN 15thアルバム『カンチガイもハナハダしい私の人生』2010.3.10リリース

8ビートポップスはもちろん ビッグバンドジャズ、ウェストコースト風ロック、テクノ、シャンソンフランセーズ、そしてASKAとの共作曲を含む渾身の全9曲

今年でデビュー23周年を迎えた、稀代のポップ・メロディメイカーにしてきわめて人間くさいユーモアとペーソスを兼ね備えた独創的な個性の持ち主。KANの通算15枚目の新作『カンチガイもハナハダしい私の人生』は、テクノポップ、ビッグバンド・ジャズ、シャンソンから、吉田佳史(TRICERATOPS)をドラムに迎えたロックナンバー、そして「最も尊敬する先輩アーティスト」と言うASKAと共作したドラマティックな大作まで、磨きぬかれた珠玉の全9曲を収録。違いのわかる男・KANのヒューマニズムあふれるポップスの世界を、心行くまでお楽しみあれ!

『カンチガイもハナハダしい私の人生』
ゼティマ
EPCE-5700-1
\3,200(tax in)
2010年3月10日リリース
1.REGIKOSTAR~レジ子スターの刺激~
2.小学3年生
3.ピーナッツ
4.バイバイバイ(studio recording)
5.青春の風
6.ordinary days
7.オー・ルヴォワール・パリ
8.よければ一緒に(full size)
9.予定どおりに偶然に(with ASKA)
【DVD】(約50分収録・オーディオコメンタリー付き)
・カンチガイもハナハダしい私のレコーディングドキュメント
・よければ一緒にstudio live

よければ一緒に(スタジオライヴ)

 こんなの、アリ?――常識や思い込みを吹っ飛ばされるアルバムだ。唖然とし、ニヤリとし、ぐっとくる。通して聴くと波のような感情に襲われ、心がグラグラする。

 いきなりのPerfume風サウンドに、“これ、KANのアルバムだよね?”とジャケットを確認してしまう「REGIKOSTAR ~レジ子スターの刺激~」。2曲目はうって変わって本格ビッグバンドジャズだが、歌詞は元気に“オレは、小学三年生!”。小学生の日常を乗せたジャズサウンドが、あなたを未知の世界に連れて行く。

 3曲目の「ピーナッツ」でぐっと落ち着き、ストリングスとリコーダーの音色....

文●岡田有花(アイティメディア)

INFORMATION

楽曲ダウンロードサイト

モバイルサイト

  • アップフロントビデオ。
  • 公認!アップフロント着信。
  • 公認!アップフロント着信。フル
  • アップフロントコール。

ライヴ・インフォメーション

<芸能生活23周年記念逆特別 BAND LIVE TOUR 2010【ルックスだけでひっぱって】>

3月13日(土)ZEPP TOKYO [問]オデッセー 03-5444-6966 

3月14日(日)ZEPP TOKYO [問]オデッセー 03-5444-6966 

3月19日(金)ZEPP OSAKA [問]GREENS 06-6882-1224 

3月20日(土)ZEPP OSAKA [問]GREENS 06-6882-1224 

3月22日(月・祝)新神戸オリエンタル劇場 [問]GREENS 06-6882-1224 

3月27日(土)ZEPP NAGOYA [問]サンデーフォークプロモーション 052-320-9100 

4月2日(金)ZEPP SENDAI [問]G.I.P 022-222-9999 

4月4日(日)ZEPP SAPPORO [問]WESS 011-614-9999 

4月10日(土)クレドホール [問]キャンディプロモーション 082-249-8334 

4月11日(日)ZEPP FUKUOKA [問]BEA 092-712-4221 

4月17日(土)ZEPP OSAKA(追加公演) [問]GREENS 06-6882-1224 

4月25日(日)ZEPP TOKYO(追加公演) [問]オデッセー 03-5444-6966 

リンク

オフィシャルサイト

アップフロントワークス

« 前のページ123次のページ »
この記事をツイート

この記事の関連情報