スキマスイッチの新曲「アイスクリーム シンドローム」が7月10日(土)全国東宝系公開の『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール 幻影の覇者 ゾロアーク』の主題歌に決定した。

まだ誰も観たことがない新しいポケモン「ゾロア」と幻影を自在に操る「ゾロアーク」が登場、「セレビィ」や「ライコウ」「エンテイ」「スイクン」といった幻&伝説系もざくざく登場という、アドレナリン逆流の映画だが、そこにがっちりタッグを組んだのが、スキマスイッチだ。

写真で確認できるとおり、なんとなく大橋卓弥がピカチュウと似ているから…という理由ではなく、「アイスクリーム シンドローム」は湯山邦彦監督からの「スカッとした曲を」というオーダーを受けてのコラボレーションだ。『幻影の覇者 ゾロアーク』のために書き下ろされた当曲は、現在行なわれている全国ツアー<スキマスイッチTOUR 2010ラグランジュポイント>のサポートメンバーがサウンド面を固め、季節感のあるミディアムテンポに、スキマスイッチ独特の視点で切り取った切ない想いが綴られたラブソングになっているという。

――主題歌を担当することになった感想は?

大橋:最近ライブとかにも家族で観に来てくれるファンが増えてきているので、僕らの音楽を通して、親も子も楽しんでもらえる機会を頂けたことがすごくうれしいです。

常田:国民的アニメ映画の主題歌を任して頂けるということで、すごくうれしいです。

――新曲に込められた思いは?

大橋:湯山監督ともお話をさせて頂き、スカッとした曲にして下さいという要望を頂きました。僕らとしても最近なかった感じなので、スカッとした感じと、スキマスイッチらしさを楽曲に込められたらいいなと思い、作りました。僕らにとっても新しい作品になったと思いますので、その出来栄えとしては満足してます。

常田:スキマスイッチとしては新しい挑戦もしつつも、ポケットモンスターの映画に合えばいいなという気持ちで作りました。

大橋:是非親子で聞いて頂きたいと思います。

常田:親子での会話も広がると思いますし、もちろん僕らと同世代の方にも伝わると思いますので、是非聞いて下さい。

「アイスクリーム シンドローム」は夏あたりに2010年第一弾シングルとしてリリースされる予定だ。ちなみに、『幻影の覇者 ゾロアーク』は「ピカチュウ・ザ・ムービー」シリーズ13作目で、「アイスクリーム シンドローム」はスキマスイッチのシングル13枚目。ご縁なのである。

◆スキマスイッチ・レーベルサイト
◆スキマスイッチ・オフィシャルサイト