平松愛理、<がんばろうKOBEデー>で「美し都~がんばろやWe love KOBE」を独唱

ツイート

2010年5月30日(日)神戸スカイマークスタジアムにて、オリックスバファローズ東京ヤクルト戦のスペシャルイベント<がんばろうKOBEデー>が開催された。

毎年1月17日に神戸で震災復興支援ライブ<KOBE MEETING>を行なっている、神戸出身の平松愛理が、1995年発表の震災復興支援ソング「美し都~がんばろやWe love KOBE」と国歌斉唱を、34,545人の大観衆の中、独唱した。

「震災15年を迎えた神戸のスタジアムで震災復興支援ソング「美し都~がんばろやWe love KOBE」を歌うなんて。そして国歌斉唱をアカペラで歌うなんて。約35,000人の野球ファンの皆さん、これからもどうぞ神戸を宜しくお願いします!そして選手の皆さん、頑張って下さい!あーとても緊張しました。」──平松愛理

阪神淡路大震災から15年。忘れてはいけない出来事/風化させないため、「がんばろうKOBEデー」は時代を超える合い言葉“がんばろうKOBE”を掲げるもの。平松愛理は、その復興支援活動が認められ、2004年には日本・ベトナム観光文化祭での日本代表としてベトナムでライブを開催、2005年には神戸大使に委嘱されている。
この記事をツイート

この記事の関連情報