アンダーワールド、6thアルバム『Barking』は9月2日日本先行発売

ツイート
アンダーワールドにとって3年ぶりとなる新作のタイトルは『Barking』と発表された。2010年9月2日に日本先行リリースとなる。

今作は、初めての試みとしてHigh ContrastやMark Knight & D.Ramirezなどの豪華コラボレーターとの共同作業をもとに制作されたという。すべての楽曲はアンダーワールドによってエセックスのスタジオで作曲され、そこからダンスミュージック界から厳選したクリエイター達に手渡された。彼らのスタイルやクリエイティヴィティをバンドの生の素材に加えてもらったのだ。結果、アンダーワールドにとって最上級の楽曲が揃い、最高のアルバムが仕上がったと語る。

なお、5月17日にニュースでお伝えしたとおり、シングル「Scribble」が新作から発表される最初の楽曲として無料ダウンロードされていたが、現在でもwww.underworldlive.comにてゲット可能のようだ。シングル「Scribble」は、UKでは6月21日にはHospital所属のアーティストNetskyによるリミックスを収録してリリースされる予定となっている。日本でのシングル発売は未定だ。

アンダーワールドは最も革新的でダイナミックなライヴバンドとしてその地位を不動のものとしているが、既に6月のオーストラリア・ツアーを発表しており、今後は年末にかけて新作のツアーを行なう予定のようだ。また、彼らはロンドンで行われるiTunes Festival(7月17日)にヘッドライナーとして出演が決まっている。

『バーキング(Barking)』
9月2日日本先行発売(海外9月13日)
1.Bird 1 (additional production by Dubfire)
2.Always Loved A Film (a/p Mark Knight & D. Ramirez)
3.Scribble (a/p High Contrast)
4.Hamburg Hotel (a/p Appleblim & Al Tourettes)
5.Grace (a/p Dubfire)
6.Between Stars (a/p Mark K & D. Ramirez)
7.Diamond Jigsaw (a/p Paul van Dyk)
8.Moon In Water (a/p High Contrast)
9.Louisiana
&ボーナス・トラック収録

(C)トラフィック/ブルース・インターアクションズ
この記事をツイート

この記事の関連情報