[クロスビート特選ニュース] レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、新作を制作?

twitterツイート

英オーディション番組『X-Factor』出身者とのチャート対決を制したレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが勝利の暁として公約していたフリー・ライブが6月6日、ロンドンのフィンズベリー・パークで開催された。ライヴにはFacebookでキャンペーンを呼びかけた発起人の男性ファンも招かれ、バンドから感謝の言葉を贈られた。

ライヴの最後はキャンペーンの購入対象になった1992年発表のシングル「キリング・イン・ザ・ネーム」。2009年12月の1週間で50万超のダウンロードを記録し、その売り上げ16万2千ポンドはホームレス救済の基金に寄付されるという。

またこのライヴ後、フロントマンのザック・デ・ラ・ロッチャはレイジとしての新作アルバムの制作について「可能性は大いにある」と発言。当初ライヴ活動のみとされていた再結成だが、初めてレコーディングに入る可能性を示唆した。

レイジは6月、他にも数ヵ国のフェスに出演。ドイツの<ロック・アム・リング>では違う日にヘッドライナーを務めたミューズも彼らのライヴを観るために駆けつけており、現在ミューズのツイッターではステージ袖からライヴを楽しむメンバーの写真を見ることができる。

ザックは別プロジェクトのワン・デイ・アズ・ア・ライオンとしてフジロックに出演予定。

◆クロスビート最新号(オフィシャルサイト)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon