<歌う!トータス松本伝説>に1万人結集

ツイート
8月28日(土)故郷の兵庫県立播磨中央公園野外ステージで、初のワンマン野外ライブ<歌う!トータス松本伝説>が開催された。

2009年まで10年続けた大阪万博公園で開催していたウルフルズ・大型野外ライブ<ヤッサ>から場所を移し、地元・兵庫県での開催。「自分が生まれ育った場所で自分の音楽をめいっぱい演奏してみたくなり、それで地元が活性化することができれば、これほど良いことはない。」とトータス松本が生まれ育った地元への恩返しとなる大イベントを行なったものだ。

様々な地元密着型のプロジェクトが進行、音楽を通じて、町が少しでも活気を取り戻し、町の人々が一歩踏む出すきっかけとなればという強い思いを抱き、トータス松本がミュージシャンとしての使命をもって取り組んでいった。

午後5時、会場中央通路から選挙カーに乗車してトータス松本が登場。リフトアップされたセンターステージで自身の出身校黒田庄中学校校歌を、黒田庄中学の現役吹奏楽団の演奏で熱唱するという地元ならではの演出でLIVEはスタート。その後、センターステージでウルフルズ時代の名曲「サムライソウル」「笑えれば」「バンザイ~好きでよかった~」など9曲を弾き語りやアカペラで披露するなどヴォーカリストの魅力がダイレクトに伝わるパフォーマンスが続いた。

場所をメインステージに移し、CMソングとしてお馴染みの「クリア!」で会場は一気にヒートアップ。9月8日発売のセカンドソロアルバムのタイトル曲「マイウェイ ハイウェイ」など発売前のアルバムから初披露楽曲を含め9曲もパフォーマンス!映画タイアップ曲「どれだけの朝と夜を~シュアリー・サムデイ~」や初のオリジナルソロ楽曲「涙をとどけて」、CMキャンペーンソング「明星」や番組エンディングテーマ曲「みいつけた!」など誰もが知っている楽曲が満載。

最後に「それぞれの自分の思いで、一番自分が幸せと思える時間、ハッピーアワーを持ちながら生きていってほしい。今はしんどい思いをしている人も、いずれはハッピーアワーをつかんでもらいたい」と、集まったファンにあったかいメッセージを送り、アンコールラストとしてアルバムのラスト曲でもあるMBS開局60周年記念ソング「ハッピー アワー」を披露。1万人を動員した全22曲、約3時間のライブは真夏の夜空に上がった大輪の花火で締めくくられた。

アーティスト・トータス松本のアイディア満載のLIVEで、ファンのみならず初めてトータス松本のLIVEを観る人にとっても楽しくなる2010年最後の夏の大イベントとなった。

2ndソロアルバム『マイウェイ ハイウェイ』
2010年9月8日発売 価格\3,150(税込)

映画「Myway Highway」
出演:トータス松本
監督:須藤晃
音楽:トータス松本
エグゼクティブ・プロデューサー:一瀬隆重
配給:東映
公開:10月23日新宿バルト9より全国順次公開
・東京 新宿バルト9 10/23~
・大阪 梅田ブルク7 12/4~
・京都 T・ジョイ京都 12/25~
・名古屋 109シネマズ名古屋 11/6~
・福岡 中州大洋劇場 12/23~
・札幌 ディノスシネマズ札幌劇場 12/18~
◆トータス松本オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報