秦 基博、奈良国立博物館でトーク&ライブ

twitterツイート
9月になってもまだまだ残暑が続く中、奈良の奈良国立博物館の西側広場にもうけられた野外特設ステージで、<FM802 DELICIOUS FRIDAY FIRST-CLASS NARA HOT DINNER SPECIAL 秦 基博TALK & LIVE>が9月4日(土)に開催された。

◆秦 基博ライブ画像

客席サイドにある芝生には、奈良の伝統工芸である赤膚焼の灯火器のろうそくが灯され、芝生に300あまり並べられている。歴史ある建物をバックにステージも設けられ、いつもと少し違う雰囲気。3000人あまりの観客が待つ中、進行役大抜卓人が呼び込むとなんと人力車に乗って、秦 基博が登場。

「人生初めてです、人力車で出てきたのは(笑)」とトークが始まった。この日は、イベント前に中学生の修学旅行以来だという東大寺で、大仏を見て圧倒されたり、あまりひかないおみくじをひいたら、凶だった(笑)と、動物が少し苦手なので、鹿に鹿せんべいをやってみたら近づかれて困った、と奈良を楽しんだ様子。

そして、この夏、アルバムレコーディングとサマーフェスティバルの出演でとても忙しく、レコーディングで、ヘルシーを意識して毎日食べていたイカの天ぷらの乗ったそばの話やオーガスタイベントで、自分が考えたメニューがとても売れたことなどなど夏の思い出を笑顔で語りながら、話は、3ヶ月連続リリースとなったシングル曲や、10月に発売される3年ぶりのアルバム『ドキュメンタリー』に。13曲は、どれも自分にとってリアリティーのある曲となっていて、メンバーで3日間合宿して夜中に語りあかしたことで、一体感を持ててそれがレコーディングに反映されたとアルバムへの想いをたっぷりと語った。

そして、すっかりとあたりは暗闇に包まれ、灯火器の明かりやライティングに照らし出されたアカデミックな博物館の建物が雰囲気を醸し出す中、ライブが始まった。くっきりと浮かび上がる力強く澄んだ彼の声は、歌詞とともに心にしみいってくる。アコースティックギターの弾き語りで、バラード曲「アイ」をしっとりときかせ、そして観客の手拍子も交えながら「今日もきっと」「シンクロ」「キミ、メグル、ボク」そして9月8日リリースされる新曲「メトロ・フィルム」も披露、5曲を歌い、3000人の観客を魅了した。

なおこの模様は、9月10日(金)のFM802同番組内「FIRST-CLASS NARA HOT DINNER」(18:00~18:30)で、一部オンエアされる。

<FM802 DELICIOUS FRIDAY FIRST-CLASS NARA HOT DINNER SPECIAL 秦 基博TALK & LIVE>
2010年9月4日(土)
@奈良国立博物館なら仏像館(本館)西側広場
1.アイ
2.今日もきっと
3.シンクロ
4.キミ、メグル、ボク
5.メトロ・フィルム
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon