新人・石川マリー、九重親方の次女も出演する日本版リアリティー・ドラマ主題歌に

ツイート

九重親方(元横綱・千代の富士)の次女で、ファッション誌『PS』などで活躍しているモデルの秋元梢らが出演するリアリティー・ドラマ『MTV SHIBUHARA GIRLS』 (製作:MTVジャパン、2011年1月8日より毎週土曜深夜1時~)の主題歌に、同ドラマ主演の石川マリーが歌う「7 days」が決定した。

◆石川マリー 画像、ドラマ『MTV SHIBUHARA GIRLS』出演者 画像

『MTV SHIBUHARA GIRLS』は、日本でも話題の海外ドラマ『THE HILLS』、『THE CITY』などリアリティードラマの日本版ともいえる作品。実在のモデルと音楽アーティストの日常にカメラが密着し、夢、恋愛、挫折、嫉妬をリアルに描く。番組内で繰り広げられる出来事、交友関係(実際のボーイフレンドなど)、会話が東京からアジア(台湾やベトナムなど16カ国のオンエアが決定)に向けてすべてリアルに発信される。

ドラマ初主演にして主題歌に抜擢された新人・石川マリーは、2009年にVERBALがパーソナリティーを務めるラジオ番組に投稿した1本のデモテープをきっかけに、May J.、西野カナ、青山テルマ、BENIなど今をときめく女性シンガーが参加した『m-flo TRIBUTE~maison de m-flo』に参加。堂々たる歌声を披露した、実力派女性シンガーだ。

そんな彼女の「7 days」は、プロデューサーに、12月に1stアルバム『Future』を発表し、収録曲「Memories Again」でEXILEの「Lovers Again」をサンプリングして、自らマイクをとりVERBAL(m-flo)とのコラボを果たした新世代女性No.1プロデューサー・AILIを迎えた楽曲。

「“恋をしながら、夢を追いながら、実は悩みや不安と戦いながら、ファッショナブルに暮らす…キラキラしてカッコイイ!! 東京で暮らす女性”そんなイメージで心を込めて歌いました。たくさんの女性が共感できる歌詞だと思います。」── 石川マリー

なお、リアリティー・ドラマ『MTV SHIBUHARA GIRLS』には、石川マリー、秋元梢のほか、ファッション誌『Pop Sister』のモデルで中国・大連出身のソンイや2007年に歌手デビューし、2009年には自身の恋愛を綴ったケータイ小説『コイウタ』を発表した宮脇誌音が出演する。

◆石川マリー オフィシャルサイト
◆『MTV SHIBUHARA GIRLS』公式サイト

この記事をツイート

この記事の関連情報