フー・ファイターズ、新作は純度120%のアナログ・ロック作

ツイート
4年ぶり通算7枚目となるフー・ファイターズのニュー・アルバムが、4月13日(USは4月12日)に発売されることになった。

◆ティーザー音源試聴1&2

真のロック・アルバムのサウンドを追及すべく、彼らは完全アナログ録音を決行、デイヴ・グロール自宅のガレージでレコーディングを行なったという。デイヴ・グロールは「今のロック・アルバムはどれもこれも同じに聴こえる」とし、「生々しい、フー・ファイターズらしいサウンドにしたい」という思いから、自宅のガレージをレコーディング用に改造し、24トラックのマルチ・トラック・レコーダーを導入、コンピューター修正技術を一切排除した完全なるアナログ・レコーディング環境をセットアップし、制作に勤しんだ。

また、こうして作られた「ロックの聖域」に招かれた参加陣にも注目だ。ニルヴァーナの歴史的作品『ネヴァーマインド』が発表されてから2011年で20年目となるが、この傑作の生みの親であるブッチ・ヴィグをプロデューサーに、そしてニルヴァ―ナ最後のギタリストであり、フー・ファイターズ初期のギタリストとしても活躍したパット・スメア、ニルヴァーナの元べーシスト、クリス・ノヴォゼリックらを迎えるといった、トピックスをも包している。

結果、完成したのは間違いなくフー・ファイターズが真のロック・バンドであることを証明する純度120%のロック・アルバムであり、巨大なるニルヴァーナの幻影に真っ向から向き合ったフー・ファイターズの勝負作となっているという。なお、オフィシャルサイト上に現れたヴァーチャル・ラジオ・チューナーでは、ニュー・アルバムの断片が公開されている。



フー・ファイターズ/ニューアルバム(タイトル未定)
2011年4月13日発売
2,520円(税込)

◆フー・ファイターズ・オフィシャルサイト
◆フー・ファイターズ・ヴァーチャル・ラジオ・チューナー
◆洋楽チャンネル
◆レジェンド&クラシック・ロック・チャンネル


この記事をツイート

この記事の関連情報