[クロスビート新刊情報] 「CROSSBEAT Presents US ROCK 2000 - 2011」

twitterツイート

2010年にはヴァンパイア・ウィークエンドがインディ・レーベル所属のまま全米1位を獲得し、今まさに活況を迎える2000年代以降のUSインディ・ロック・シーン。そうした“インディ活況のアメリカ”を、ロック・シーンの最先端からまとめたムック本「CROSSBEAT Presents US ROCK 2000 - 2011」が発売になりました。

新作発表目前のザ・ストロークス、突然の解散を発表したザ・ホワイト・ストライプス、2010年作『ザ・サバーブス』がグラミー賞の最優秀アルバムを受賞したアーケイド・ファイア、キングス・オブ・レオン、ザ・キラーズといった面々から、来日ツアーを終えたばかりのMGMT、『コントラ』が2010年の本誌年間ベスト・アルバムを獲得したヴァンパイア・ウィークエンドまで、2000年代屈指の人気アクトを徹底解剖!

加えてアニマル・コレクティヴ、モデスト・マウス、デス・キャブ・フォー・キューティー、ザ・シンズ、ヤー・ヤー・ヤーズ、LCDサウンドシステム、ディアハンター、ザ・ドラムスなど多数の詳細なアーティスト解説と400枚以上のアルバム解説、音楽レーベル、映画等を網羅したコラム・ページで、激動の時代を迎えたアメリカの10年間を紐解きます。

これを読めば今のUSロックが全て分かる、画期的なディスク・ガイド本の登場です。

◆クロスビート・チャンネル
◆クロスビート(オフィシャルサイト)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報