AKB48公式ライバル、乃木坂46の暫定センターは熊本県出身の15歳

ツイート

AKB48の公式ライバルとして結成されるアイドル・グループ“乃木坂46”(ノギザカフォーティシックス)の最終選考が、8月21日(日)SME乃木坂ビルにて行なわれ、スターティングメンバーとなる36人が決定した。

◆乃木坂46 暫定選抜メンバー画像

乃木坂46は、AKB48の総合プロデューサーである秋元康公認のグループで、同氏とソニーミュージックが手を組みプロデュースを行なっていく。グループのコンセプトを“AKB48公式ライバル”と掲げ、SKE48、NMB48、SDN48等のAKB48の“姉妹グループ”とは異なり、AKB48のライバルとなるべくアイドル活動をする予定だ。

今回のオーディションには、ソニーミュージック新人発掘セクション(SD部)全国応募総数歴代NO.1となる38,934人の応募があり、その中から5回にわたる選考の後、スターティングメンバーが決定。さらに、当日にサプライズとして「暫定選抜メンバー」16人も選出され、そして早くも「暫定センター」として熊本県出身の吉本彩華(15歳)が指名された。

総合プロデューサーの秋元氏は「乃木坂46はAKB48と違い、劇場を持たないアイドルとして、ホールを中心に活動にする予定。公演はストーリーを持った内容にしたい」と、今後の活動構想を語った。

また、「暫定センター」に吉本を指名した理由について、「一番未知数で伸びしろがありそう」と原石の魅力を説明している。

なお、オーディション合格者は、2011年10月から放送予定のテレビ地上波バラエティー番組への出演が決定おり、その後、ソニー・ミュージックレコーズよりCDデビューを予定している。

オフィシャルホームページにて、スターティングメンバーの情報が公開されたので“推しメン”を探してしてみては?

◆乃木坂46 オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報