加藤和樹、ファン衝撃のサプライズ報告はユニット結成

twitterツイート
歌手の加藤和樹が、これまでの歌手活動の集大成であるベストセレクションアルバム『K.Kベストセラーズ』のリリースを受けて、9月17日、後楽園ラクーアにてリリース記念イベントを開催。ここでなんと、ファン驚愕の加藤和樹のユニット結成が突如発表された。

◆加藤和樹 画像@2011.09.17 後楽園ラクーア

雨男と自称する加藤和樹だが、イベント当日は残暑残る中、約1500人のファンが会場に集結した。加藤和樹は、ファン投票で選ばれたアルバム収録曲の中から、その1位曲、「Shining Road」と2位曲「Chain Of Love」の2曲を歌唱。わずか2曲ながらもまるで本ツアーのような盛り上がりで会場をヒートアップさせた。

ステージ上で展開されたMCコーナーは、デビューして5年のところを3年と間違えて会場の笑いを誘うなど、終始和やかなムードで展開。そしてMCの古阪大魔王より「今日は特別にこの会場にいるみんなにプレゼントということで、今から加藤くんを特別に写メで撮ってもらっていいです!」という素敵なサプライズプレゼントが告げられる。歓喜とともに1500人の観客がケータイカメラをかざす中、すべてのカメラに笑顔を振りまいて、丁寧に対応する加藤和樹だった。

さらに、この日一番のサプライズな報告が、本人の口から告げられる。「これまで5年ひとりでやってきましたが、この次はユニットという形で作品を発表します。」「さらにそのユニット名をみんなから募集したいと思います。」 加藤のユニット結成宣言に、「えー!!」と、ファンの悲鳴にも似た叫びが会場を埋め尽くした。

ラストはCD購入者ひとりひとりと丁寧に握手していく加藤和樹。ベストセレクションアルバムは、初日のデイリーランキングが3位になるなど絶好調の滑り出しをみせている。このあと始まる全国ツアー、そして謎に包まれた新生ユニットで、彼はどんな加藤和樹を我々に見せてくれるのか。

2007年、ドラマ『ホタルノヒカリ』で綾瀬はるかの恋人役として一躍注目を浴び、“No.1マダムキラー”とも“美女(イケジョ)キラー”とも呼ばれているとかいないとかの加藤和樹。歌手活動も5年目を過ぎた彼は、もはや『加藤和樹って誰?』レベルではない(編集部 注:2007年7月、渋谷などで『加藤和樹って誰?』というラッピングバスが走った)。

【Kazuki Kato Live “GIG” Tour 2011 〜Clash Complexion〜】
10月8日(土) 名古屋ダイアモンドホール
10月10日(祝・月) 金沢 EIGHT HALL
10月15日(土) 大分 DRUM Be-0
10月16日(日) 福岡 DRUM LOGOS
10月22日(土) 仙台 dawin
10月29日(土) 赤坂 BLITZ
10月30日(日) 赤坂 BLITZ
11月3日(祝・木) 札幌 PENNY LANE 24
11月5日(土) 新潟 LOTS
11月6日(日) 浜松 窓枠
11月12日(土) 広島 CLUB QUATTRO
11月13日(日) 高松 オリーブホール
11月19日(土) 大阪 BIG CAT

◆加藤和樹 レーベルオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス