[2011楽器フェア速報]新製品多数! コルグ・ティアック・Line 6

ツイート
多彩なラインアップを揃えるコルグ、TASCAMブランドのレコーダーを中心に展開するティアック、そしてギター関連製品とともにiPhone/iPad用インターフェイスの新製品が登場したLine 6のブースを紹介しよう。

■コルグ

コルグは本日発表の製品を多数展示。既報のmonotronの新モデル2機種に加え、作曲アシストキーボードのmicroARRANGER、DSDレコーダーのトップモデルMR-2000S、電子ピアノのLP-350、SP-170DXなどが登場している。また、iPhone/iPad用アプリにも注目が集まっている。


▲(写真:左)作曲アシストキーボードmicroARRANGERはミニ61鍵で、304種類のバッキング用スタイルを内蔵。662音色+33ドラム・キット、89エフェクトを備える。11月下旬発売で52,500円。(写真:右)iPhone/iPad用アプリも触ることができる。右のiPhoneで動いているのが発売されたばかりのiKaossilator。


▲(写真:左)1UラックタイプのDSDレコーダーMR-2000S。1-Bit録音/再生は驚異の5.6MHz、 2.8MHz、PCM録音/再生は最高24ビット192kHzに対応。発売は11月下旬。(写真:右)ギター用ヘッドホンアンプamPlugにけいおん!モデルの新バージョンが3種類登場。発売は12月上旬。


▲(写真:左)9つの音源を搭載したワークステーションKRONOSはヘッドホンとともに試奏し放題で展示。(写真:右)電子ピアノの新製品LP-350のアイボリーモデル、LP-350IV、ペダルユニット付きとなったSP-170DXなども。


▲(写真:左)ガジェット系楽器のパーカッションWAVEDRUM Miniのセミナーは席が埋まるほどの人気。(写真:右)VOX、RPSのハローキティとのコラボモデルのウクレレやギターには親子連れが集まっている。

■ティアック

TASCAMブランドのレコーダーを中心に展開するティアックのブース。各種レコーダーに加え、iPhone/iPad向けのアクセサリが注目を集めている。


▲(写真:左)ポータブルレコーダーの新モデルとして、DR-40、DR-07MKII、DR-05がラインナップ。用途や価格で選択できる。(写真:右)iPhone/iPad/iPod touch用マイクのiM2はドックコネクターでデジタル接続。DRシリーズで定評のステレオマイクを搭載。


▲(写真:左)ギターもつなぎたいという人にはiXZがラインナップ。電池内蔵で、コンデンサーマイクも使用可能。(写真:右)USB接続のPC用オーディオインターフェースのUS-125Mはミキサー付きで、実況中継にも便利なモデル。


▲(写真:左)ポータブルCDミュージック&ボイストレーナーCD-TV2をはじめとしたトレーナーも各種展示。(写真:右)アコースティック楽器用トレーナーのLR-10、ポータブルギター/ベースレコーダーGT-R1なども注目を集めた機種。

■Line 6

Line 6のブースには、ギター関連製品とともにiPhone/iPad用インターフェイスの新製品が登場。オーディオとMIDIそれぞれのモデルが用意される。


▲(写真:左)iPadに接続されているのがオーディオインターフェイスのMobile In。iPad/iPhone版のPODソフトウェアでさまざまなギターサウンドが楽しめる。(写真:右)iPhone/iPad用PODはMobile In専用のアプリで、無償提供される。Mobile Inの発売と同時にリリース予定。β版とはいえ、あのPODサウンドがしっかり楽しめる出来だった。


▲(写真:左)こちらはiPhone。画面構成こそ違うがサウンドはiPad版とまったく同じとのこと。(写真:右)MIDIインターフェイスのMIDI Mobilizer IIはCoreMIDI対応で数多くのアプリに対応。MIDI信号がLEDで確認できるのがポイント。


▲ギター用のワイヤレスシステムRelayシリーズもフルラインナップで展示。

◆コルグ
◆ティアック
◆Line 6 Japan
◆楽器フェア オフィシャルサイト
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報