Superfly、アリーナツアーを完全収録した映像作品を発売

twitterツイート
Superflyにとって『Dancing at Budokan!!』以来2年ぶりの映像作品となる『Shout In The Rainbow!!』が4月4日にリリースとなる。

◆Superfly画像

このDVDは2011年に開催した初のアリーナツアー<Shout In The Rainbow!!>から、最終公演の大阪城ホールの映像を収録したもので、初回限定盤には新曲シングルが同梱される。

このツアーは、さいたまスーパーアリーナ、名古屋日本ガイシホール、大阪城ホールを各2DAYS全6公演で約7万人を動員したものだが、チケットは即日SOLD OUTしており、涙をのんだファンも多かったことだろう。最終公演である大阪城ホールのライブの模様が完全ノーカットで収録されており、会場にいた人もいけなかった人にも嬉しい作品だ。

大阪城ホールは、Superflyにとってゆかりの会場でもある。2007年4月のデビュー直後にイベントでこの会場に立ち、初めてアリーナを経験したのもこの大阪城ホールだった。ライブ中のMCでは、この時の思い出話を語っている。

2012年はSuperflyにとってデビューから5年のアニバーサリーイヤーであり、『Shout In The Rainbow!!』は5年前のデビューシングル「ハロー・ハロー」と同じ発売日となる4月4日にリリースとなる。
映像の内容は、MCも含めアンコール含む全21曲全てを収録。Superflyとして初の完全ノーカット収録でライブの臨場感を余すところなく収録し、越智志帆の揺るぎなきボーカルを映像からも味わう事ができ、圧倒的なパフォーマンスを存分に堪能できる作品となっている。

『Shout In The Rainbow!!』
4月4日(水)発売
初回盤DVD+CD WPZL-90012/90014 ¥5,000
通常盤DVD WPBL-90177/90178 ¥4,800
初回盤Blu-ray+CD WPZL-90015/90016 ¥6,000
通常盤Blu-ray WPXL-90009 ¥5,800

◆Superfly オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報