Superfly&トータス松本「STARS」が「フジテレビ系 ロンドン五輪中継テーマソング」に

twitterツイート
Superflyとトータス松本によるデュエットソング「STARS」が「フジテレビ系 ロンドン五輪(オリンピック)テーマソング」に起用される事が発表された。

◆Superfly&トータス松本画像

以前からトータス松本と一緒に歌ってみたいと思っていた志帆は、2年ほど前にトータス松本に会った際にその思いを伝えていたという。今回トータス松本がフジテレビからオリンピックテーマソングのオファーを受けた際、自身が気持ちよくシャウトでき、誰かと一緒に歌えるデュエットソングを作ろうか…と考えあぐねていた時に、2年前の志帆との会話を思い起こしたのだとか。もちろん志帆は快諾し、制作をスタートさせたというものだ。

共同作業においてふたりに共通していたキーワードはゴスペルだったとか。アレンジとプロデュースには「タマシイレボリューション」を手掛けた蔦谷好位置。レコーディングでは、お互いが見えるボーカルブースで、2人同時に一発録りで歌入れをしたという。その歌声にはスタジオにいたスタッフ全員が興奮し、感動するほどのパワーがみなぎっていたとスタッフは語る。

「声チカラのいっぱい詰まった作品だと思います。絶対一人では生み出せない、普段の何倍ものパワーを注ぐ事ができました。思わず笑顔になれる、思わずチカラが涌いてくるそんな曲だと思います。選手のみなさん、そしてこの曲を聴いてくれた方にパワーが届きますように。」──Superfly

「男と女が歌っています。それだけでも熱いのに、これは熱い男と女が歌っています。声をそろえて歌っています。身振り激しく歌っています。こんな歌は、なかなかないと思います。」──トータス松本

「トータスさんから初めて曲を聞かせてもらったときに、これはすごい輝きを放つ曲になるだろうと確信しました。Superflyとトータスさんの声の相性もバッチリで、お互いの魅力を引き出し合う素晴らしいデュエットに仕上がりました。レコーディングでは一番の兄さんであるトータスさんがスタッフ全てに対して安心できる明るい雰囲気を作ってくれたので、Superflyも堂々とした歌を披露してくれました。」──蔦谷好位置(作曲家・音楽プロデューサー)

「四年に一度の“熱い夏”を“熱いお二人”と共に盛り上げていくことができて、本当に嬉しく思っています。トータス松本さんとSuperfly志帆さんの力強さや熱さ、そしてかっこよさが、今回のロンドン五輪に挑む選手たちのイメージと重なり、また男性女性ボーカルのコラボレーションでテーマソングを作りたい!という想いから、お二人にお願いすることになりました。この一曲で選手の皆さんが、テレビの前の皆さんが、そして日本中が熱くなり、みんなの心に「ロンドン五輪=STARS」と刻まれる一曲になると信じています!」──岡 泰二(フジテレビスポーツ局プロデューサー)

「STARS」
2012年7月25日(水)発売
初回限定盤(デジパック仕様)WPZL-30401/2 ¥1,500(tax-in)CDS+DVD
※「STARS」他、収録曲未定
初回限定盤DVD
STARS Music Video/STARS Music Videoメイキング/Superfly、トータス松本インタビュー映像/Superfly & トータス松本制作ドキュメント映像(収録予定)
通常盤WPCL-11112 ¥1,000(tax-in)
※「STARS」他、収録曲未定

Superfly&トータス松本「STARS」着うた(R)
5/11(金)より着うた(R)の先行配信スタート
5/11(金)レコチョク、フジメロ
5/16(水)その他配信サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報