サカナクション、ZEPP TOKYO公演で新曲「夜の踊り子」初披露

twitterツイート

全国6都市9公演で構成されたサカナクションの全国ツアー<SAKANAQUARIUM 2012 ZEPP ALIVE>が、6月19日のZEPP TOKYO公演でファイナルを迎えた。

◆サカナクション 画像

全公演ソールドアウト。2万人を動員した今回のツアーは、本編がMCなしで90分ぶっ通しとなるライヴとなっており、曲順もこれまでのものから大幅に変更。より一層クラブミュージックを意識したものとなっていた。

そのファイナルとなる6月18日、19日のZEPP TOKYO公演では、2012年度モード学園(東京・大阪・名古屋)TV・CMソングとして4月からオンエアされている新曲「夜の踊り子」が初披露された。

CMは、ジャネット・ジャクソンのバックダンサーを務め、ビヨンセのワールドツアーの振付・演出を担当する、世界を代表するダンサー / コレオグラファーであるJONTE'とサカナクションの異色のコラボが実現。モード学園らしく、アート性の高い映像で話題となっていた。

新曲「夜の踊り子」は、エレクトロ・クラブサウンドを基調としながら、CMのオンエア部分だけからは想像できないような目まぐるしい展開を見せる楽曲。サカナクションの奏でるダンスミュージックが、また独自の進化を遂げたことが実感できる強烈な仕上がりとなっている。

サカナクションは、ツアー後はレコーディングに突入。さて、今度は一体どんな曲が生み出されるのか。

◆サカナクション オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報