ヨーコ・オノ、ジョン・レノンが亡くなり、無理やり笑顔

ツイート
夫ジョン・レノンが亡くなり激しくふさぎ込んだヨーコ・オノは、このままではいけないと無理に笑顔を作るようになったそうだ。

Contactmusic.comによると、彼女は当時の状態をこう明かしたという。「ジョンが亡くなったとき、気が滅入った。ものすごく暗かったわ。鏡を見ると、それが顔に出ているのがわかった。“これじゃダメだ”って思ったの。こんなんじゃ病気になるか、気難しい人になっちゃうって。それってよくないわ。とくに息子、ショーンのためには。そこから抜け出さなきゃいけなかった」

「だから毎朝、鏡に向かって自動的に微笑むことにしたの。無理やりの笑顔だから、ひどかった。でも続けていくうちに、笑顔が自然のものになったのよ。口と目だけじゃなく、肩やお腹、そしてとうとう身体全体で笑顔を体現できるようになったの」

そのとき「OK、闘いに勝った!」と思ったという。

“笑顔の力”を信じるヨーコは、♯smilefilmアプリ/オンライン・プロジェクトをスタート。ユーザーはInstagramやTwitterに“笑顔”をアップすることができる。それらは映画で公開される計画だという。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報