ドレイク、アリーヤの遺作アルバムを制作か?

twitterツイート

ドレイクは日曜(8月5日)にトロントで開催される<OVO festival>に向けて、何か特別なことを計画してきたようだ。『HipHop DX』によると、ドレイクに近い情報筋曰く、彼は日曜にアリーヤをフィーチャーした新曲を披露するというのだ。

ドレイクは、今は亡きシンガーの間もなく出る遺作アルバムの制作責任者にならないかとずっと誘われていたという。3月にもプロデューサーのジェフリー“J. Dub”ウォーカーが同アルバムについてほのめかしたが、その直後、アリーヤの兄ラシャド・ホートンがその発言をつぶしていた。

ドレイクはティム・ウェストウッドと話している際、アリーヤに関連した“特別な事”があることについて触れた。「アリーヤの素晴らしいニュースがもうじき出るんだ」とドレイク。「何か特別なことさ。それだけ言っておくよ。…っていうか番組中だからそれしか言えないんだけどね…でも、本当に素晴らしい事だよ、音楽にとって本当にね。以上」と語った。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス